油断するとダンボールのまま開梱しない

使わない荷物は引越し時のダンボールのまま保管することになるかも

荷解きというのは非常に面倒なものです。荷造りは引越し日という期限があるので、気が進まなくてもやらなければならないということになるのですが、荷解きには期限が得に無いので、人によっては引越ししてから1週間たってもダンボールにいれたままの荷物がほとんど、という人は多いです。

取り急ぎすぐ使うものはおそらくダンボールから出しているのですが、そうでないものはダンボールに入れっぱなしのまま使われるのを待つか、ほとんど使わないものはダンボールのまま押入れの天窓などに入れてしまうなんていう保管方法もありうるのです。

シーズンオフの衣服や使わない雑貨のダンボールには良く使うものを入れない

このように、管理人の家でも引越し業者のダンボールのまま眠っている衣服や雑貨などが結構あります。これは最初から「このダンボールのまま保管しよう」と思って引越しの荷造り時に物を詰めたからです。

計画的にダンボールに詰めてそのまま保管するというのであればいいのですが、あまり計画しないで「あ、このダンボールは大体のものはほとんど使わないやつだからこのまましまおう」としたときに、わりと頻繁に使いたいものがそのダンボールに入っているとあとで取り出すときに苦労します。「あ、これひょっとしたら使うかな?」と思うものは保管用と決めた段ボールとは分けて収納するようにしましょう。

そのままダンボールで収納する際の注意

ダンボールのまま収納し保管する場合、まずそのダンボールに何が入っているかが分かるように箱の外側に記載するようにしたほうがよいでしょう。例えば「冬物衣服」だとか「来客用寝具」「雑貨」などなどです。収納先からすぐ見えるような位置に記載すると、いちいちダンボールを手元にださなくてすみます。

衣服を収納する場合、虫食いにも注意が必要です。長期間ダンボールを開けない場合、万が一虫に食われたということがあればその事実を長期間気付かないということになるからです。念のため防虫剤を用意してダンボールに同梱するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク