安くて良い引っ越し業者を選ぶ方法

引越し費用の決まり方

引越し料金が決まる仕組み」に詳しく書いていますが、引越し料金は移動距離での違いはあまり見られず、実費やオプション料金によって大きな差がでます。特に実費は作業員の人件費・トラックの大きさ・作業時間によって大幅に変わります。これらの金額の算出は業者ごとに異なりますので、ここの違いが引越し費用の違いということになります。

引越しを安く抑えるために気を付けるべきポイント

上記の実費をできるだけ安くするには、人件費が安く、トラックはなるべく小さいもので、作業時間が短くなるようであれば料金が安くなるということになります。人件費が安いという点では大手業者よりも中小の業者の方が安い傾向がありますし、作業時間で言うならば荷物の梱包を自分で行うプランを選択すればより安くなります。また、トラックの大きさは荷物の量によって変わりますので、収納の仕方やトラックへの詰め込み方などで業者のプロの腕の差がでるところかもしれませんし、荷物の量を実際見て見積りを取得した方がそうでない場合の見積りよりも安くなる傾向が高いです。

しかしながら、料金が安ければよいというわけではありません。見積りを取得する過程での対応する引越し業者の営業マンの態度だったり引越し作業者の態度、サービス内容など金額にでてこないようなことも考慮に入れて引越し業者を選ぶようにしたほうがよいでしょう。

時間をかけて業者を選ぶために必要なこと

時間があれば、同じ条件で複数の見積りを取得し比較することがよいでしょう。このような見積りの取得の仕方を「相見積もり」と言いますが、相見積もりを取得することで金額が高いか安いかの判断ができると思います。

このとき、一番安い業者をすぐに選んではいけません。一番安い業者が他の業者と比べて大きく差がある場合、何か問題がある場合が多いです。こちらが提示した条件が実は盛り込んでいなかったり、それほど評判のよくない引越し業者だったり問題となる場合があるので、一番安い業者は候補からあえてはずすという選択もありでしょう。

最後に、ファミリーなどの引越しでは相見積もりを取得する場合には現地訪問してもらっての見積りを取得した方がよいでしょう。荷物の量が多く、人により様々違うのでどのくらいの大きさのトラックを用意すればよいかお客さんからの荷物の量の申告では難しく、業者の人が実際見てみないと判断が付きにくいからです。

この現地見積もりを取得するとしたら、できれば1日掛けて複数(4~5社が限度でしょう)の業者を呼び、もっともよかった業者を後で決めるというものです。業者が見積りを出す際にはすぐに決定する旨を伝えるのではなく、他の業者の見積りを見てから判断する旨を正直に言ったほうがよいでしょう。交渉の中で他の業者の見積りの金額を聞かれたりすることもありますが、直感的に「この業者がいいけどちょっと高い、他のサービスも安くしてほしい」と思ったら、他の業者からの見積りのことも話して値引きしてもらうのも良い方法でしょう。この方法をとることで、訪問してきた業者からの「契約してほしいプレッシャー」に負けることなく比較をすることができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク