引越し業者が行う「現地見積もり」は必要?

引越し業者は見積りを出すのに現地を確認したい

引越しを行う際、引越し先が分かれば移動距離が分かるので、あと知りたい情報としては「荷物がどのくらいあるか」ということが重要になります。1人暮らしならいざ知らず、2人以上の引越しとなると荷物の量がピンキリで、どのくらいの荷物があるかが家ごとに大きく異なります。これにより、どのくらいの大きさのトラックを用意したらよいかで料金も変わってくるからです。

自分で「荷物はこれくらいあります」と業者に見積もりを出してもらう際に伝える場合も多いのですが、例えば今家の中にある荷物がどのくらいのダンボールの量必要なのかは我々では分からないのが普通で、いざ荷物をダンボールに詰めてみて初めて個数が分かるということも多いです。それを業者の人は実際に家の中の荷物がどのくらいあるか直接見ればすぐにどのくらいの荷物の量かがわかるので、現地確認後の見積りを取得したがるのです。

現地見積もりをするとしないのとで何が違ってくるのか

現地見積りを行わない場合、お客さんの申告する荷物の量に応じて見積りを出してくるわけですが、実際その量というのは信頼性が高いものではないため、いざ荷物を運搬するとなったときに事前に聞いていた量よりも多い場合があるので、「当日トラックに荷物をすべて積みこめない」というリスクを回避するためにどうしてもトラックの大きさは大きめのものを用意しておく必要があります。この分お客さんに高い料金を請求せざるを得なくなります。

逆に、実際荷物を見てもらうことで、トラックの大きさも確定し、適正な料金で見積りを提出できるというものです。

大抵今はどこの引越し業者も現地見積もりが無料となっていますので、時間などが許せば現地見積もりを積極的に行った方がよいかもしれません。もちろん人が来るので掃除や片づけが面倒、見積りの対応ができる空いている時間もないという場合も多いので、その場合は現地見積もりが不要という業者を選択するとよいでしょう。

1人暮らしで荷物が多くなければ現地見積もりは不要

1人暮らしの場合、部屋が6~8畳にキッチンが付いているというくらいの部屋の大きさなので、どのお客さんも荷物の量の振れ幅が少ないです。つまり、用意すればよいトラックの大きさがあらかじめ決めやすいので、現地見積もりが不要という引越し業者が多いです。

この場合、事前にしっかり「どのくらいの荷物があるか」をシートなどに記入して書かなくてはなりません。大きな家電や家具がどれだけあるか、細かいダンボールの大きさはどのくらいの数になるかなどです。

相見積もりを取ってもあまり大きな金額差は出ないと思いますので、1人暮らしの引越し業者はサービスなどで選ぶと決めやすいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク