引越しを業者に頼まない場合に注意すべきこと

必要なのは人出と荷物を運ぶ手段

引越しの際に荷物をどうするかと考えた時に、1人暮らしで荷物がそれほど少ない場合はわざわざ引越し業者にお金を払って引越しするよりも、知り合いや友人に頼んで自分たちだけで引越しをするということを考えると思います。

引越しの場合にダンボール箱にすべて収まるだけの荷物しかないのであれば、それこそワゴン、ボックスカーなどを借りるなどすれば近場であれば数往復位で荷物搬入は楽にできると思いますし、時間をかければ1人でできると思いますが、大型の家具はそうはいきません。普通の車ではベッドや洗濯機、冷蔵庫や大型のテレビなどを運べるのかということが問題になります。

運べないようならトラックを借りるなどの手段を取らなくてはなりませんし、何より1人でトラックに積み込むことも難しいのでどうしても人出が必要になります。1人暮らしであれば男性であれば自分を含めてもう一人の2人くらいで住みますが、女性であれば男性2人位を別で手伝ってもらう必要があります。

ただし、作業自体に慣れていないのであればそこそこ時間がかかりますし、落としたりぶつけたりする場合もあるので注意が必要です。

段ボールと梱包材はどのように調達するか?

自前で引越しする場合にもう一つ問題になるのはダンボールと梱包材をどのように準備するかです。引越し業者に頼むのであればダンボールはもらえるまたは借りれるのですが、自分で引越しする場合は近所のスーパーなどからもらうほか手段がありません。ダンボール自体は通販などでも買えますが、そこまでお金を掛けるくらいなら引越し業者に頼んだ方がよいかもしれません。

また、梱包材として食器などをくるむ新聞紙などは、新聞を取っていない人は意外と手に入りにくいものです。数量もそこそこ必要になるため、引越しすることが決まっているようなら事前に集めておくような手配をしておいたほうがよいでしょう。

エアコン・洗濯機などの取付け・取外しは業者に任せるという方法も

自前の引越しで最も面倒というかよくわからないのが、自分のエアコンを取りつける場合や洗濯機の配線を行う場合です。通常引越しの際に業者にお願いすれば、エアコンの取り付けはたいてい有償ですが、洗濯機の設置~配線は意外と無償でやってもらえます(管理人が経験した引越し業者はすべて無償で取り外しから取り付けをやってくれました)。

特にエアコンは自分で設置するのが難しいです。エアコン本体自体は重いというだけでなく、ホースを通すダクトの調整とか室外機の設置など、大きい家電なので慣れていないと大変というかできないと思いますので、自分で引越しを行う場合はそのエアコン設置作業を専用の業者を雇う方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク