ゼロゼロ物件・仲介手数料半額物件の落とし穴

ゼロゼロ物件とは?

『ゼロゼロ物件』とは、敷金ゼロ・礼金ゼロの初期費用がかからない物件のことです。このような物件をよく見かけるのは、基本的に立地や築年数のせいで条件が悪く、入居希望者が少ない人気薄の物件か、人気薄のエリアではないけども競合物件が多いために空き部屋となりやすそうな物件に設定される条件です。

大家さんにとって誰も入居していない賃貸物件は何の収益もなく、固定資産税のみを払わなくてはならないことになるのでなるべく入居者を入れようとします。このとき初期費用を下げてでも入居してもらいたいがために礼金ゼロなどを設定するのです。

敷金ゼロの物件には要注意

敷金は基本的には大家に預けるお金で退去時に入居者に帰ってくるものです。ただし、退去に伴い原状復帰義務に伴うハウスクリーニング代や壁紙の張り替え費用などの修繕費を徴収する際に敷金から差し引くという場合がほとんどです。

ですので、入居者からすると敷金ゼロの物件は退去時にお金がかかるということになりますし、逆に大家からすると退去時にかかるお金が入居者からひょっとしたら徴収できないかもしれないということになります。このため、契約書に退去時の費用を支払う旨が書かれている場合があるので注意する必要があります。

「仲介手数料半額」はなぜ成り立つの?

たまにチェーン系列の不動産屋で「仲介手数料半額」をやっている物件がありますが、これも本来は入居者が1カ月分の仲介手数料を不動産屋に払う代わりに、大家が仲介手数料の半分だしてまでも入居してほしいという物件に設定されるのです。

今は場所によっては物件が余っています。人気薄のエリアで安く住む方法はいくらでもありますので、じっくり賃貸物件を選んだほうがよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク