入居中に次回更新時の家賃交渉をしてみよう

By: Tatsuo Yamashita
By: Tatsuo Yamashita

家賃交渉の依頼の仕方

更新日がある程度近づいてきた最中に、入居している家の家賃交渉は場合によっては可能です。 どのように交渉するかは、家賃を決める立場である大家さんなどとどのくらいコミュニケーションを取れているかによって異なります。直接話せるくらいの近い距離の真柄であれば、まずは口頭でお願いして文書等での依頼は避けた方がいいでしょう。

逆に、あまり親しくない場合不動産屋や管理会社を通じて文書または口頭で依頼します。文書で出す場合はあて先などを不動産会社または管理会社に聞くことになりますが、それをするくらいなら不動産会社または管理会社が代わりに口頭で交渉してくれる場合もありますので任せてもいいでしょう。

どのくらい値下げの交渉ができるのか

値下げに応じる場合は基本的に今住んでいる家賃が相場より高い場合がほとんどだと思いますので、まずはその相場くらいに値下げできるかどうかを確認します。

単純に値下げを要求するのではなく、「周りの同じような物件よりも今住んでいる物件の方が高いので、同じくらいの家賃にならないか」という理由込みでの交渉をするのがよいでしょう。

逆に、相場よりも安い場合は家賃交渉をするべきでありません。今の家賃をキープしておいた方がいいからです。

交渉の成功率を上げるポイント

基本的には「大家がどう思うか」ということを考えることが成功率を上げるポイントとなります。 単純に家賃が相場よりも高いとしても、新築物件なら家賃を下げなくても別の入居者が入るなら無理やり家賃を下げる必要もないわけです。

逆に、今住んでいる人が出ていったら空き屋になりそうだなという物件を大家が持っていて、入居者から「長く住むつもりだから家賃を相場まで下げてくれないか」と言われたらしぶしぶでも下げてやらないといけないと思うはずです。

もちろん入居者が家賃を滞納する人などのトラブルメーカーなら大家もさっさと出て行ってほしいでしょうから、家賃の交渉には応じないと思います。よい入居者が長く住むことをアピールすれば、家賃値下げの交渉もぐっと成功に近づくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク