退去時の居室の掃除はどこまでやるべきか

荷物の搬出が終わったら簡単でも旧居の掃除をしておこう

引越し業者のトラックにすべて荷物を運び込み、部屋の中ががらんとしたら、残している簡単な掃除道具で部屋をある程度掃除しておくようにしたほうがよいでしょう。

そのためには掃除用具をすべて荷物として運ぶのではなく、雑巾やスポンジなどを残しておいて、部屋の雑巾がけやシンクなどの水回りの掃除などを行い部屋の中にたまっているほこりやよごれを落としておくのがよいです。

別途業者からハウスクリーニング費用を請求される?

大家へ部屋の引き渡しが終わると、ハウスクリーニング業者へ掃除の依頼を掛け、敷金からその費用を引かれるのが一般的になります。

例え引越し業者への荷物引き渡し完了後にしっかりと掃除をやっていても、個人ができる掃除は範囲が限られていますし、落とせる汚れもプロにはかないません。

ですので、そこまで一生懸命掃除をする必要はなく、少なくとも後に人が入った時に不愉快な思いをしない程度にきれいにしておくということが重要なのです。

クリーニング業者が入るのに自分で掃除をする意味

そもそも「なんでクリーニング業者がこの部屋を掃除するのに自分が掃除しなくてはならないの?」と思う人もいると思います。確かに、自分が引越したあとはハウスクリーニングできれいになるので自分が行う掃除が無意味だと思うかも知れません。

しかし、管理人が掃除をお勧めする理由は部屋の引き渡し時の大家への印象度を上げるためなのです。

立会いをするしないにかかわらず、引越しが完了したら大家や大家に雇われた業者がいったん部屋の中を見て修繕しなくてはならない部分があるかどうかをチェックし、修繕にかかる費用を見積もって敷金から差し引くというところまでを行います。

この時点ではまだハウスクリーニングは行われていないので、部屋が汚い状態だと「こんな汚い状態で部屋を出て行ったのか」とマイナスなイメージで部屋の中の修繕費を見積もることとなり、場合によっては余計に敷金から費用を引かれてトラブルになる恐れがあります。

実際、掃除をしない人もいるようなので、汚れが穴・くぼみのようにみえてそれで余分に修繕費を請求されるなどという恐れがありますので、印象を良く持ってもらうためにも出ていくときは簡単にでも掃除をしてから引き渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク