原状回復義務の意味|どこまで元に戻すべきなのか

誤解されがちな原状回復義務の意味

「原状回復義務」というのは、部屋を借りた人が退去時に最初に借りた時点の状態まで戻す、というものです。部屋の中で手を加えたところがあればそれを元通りにしなくてはなりませんし、汚れているならばきれいに、壊したものも元に戻す必要があります。ですので、退去時はこれらのことを大抵は自分でできずに業者に委託して修繕やクリーニングを行ってもらうことになるため、退去時に費用がかかってしまうのです。

ただし、部屋にあるものは経年劣化するのが当たり前で、その部分に該当するものは原状回復義務からの範囲外ということになります。例えばコンロは通常住んでいる何年間か使い続けて例えきれいに丁寧に使っていても、擦り減ったり汚れをとるのが難しいという場合がありますが、この場合は原状回復義務があるからといって、新しい物を買い替えなくてはならないということにはなりません。

自分が模様替えした箇所はどうする?

しかし、経年劣化以外に自分が手を加えたものについては元に戻す費用があります。例えば壁紙を張り替えたり、どこか穴をあけてしまっていたりする場合は、この壁紙や穴を元に戻す必要があるので、その分は入居者が費用を負担して直す必要があるのです。

たまに、部屋の模様替えをした結果、「このままでもかまわない」という場合もありますので、一度大家に確認してみるのも良いでしょう。例えば自力でエアコンを部屋に取り付け、退去時にそれがまだ使えるけどいらなくなるといった場合などは、そのまま設置しても構わないよと言ってくれるかもしれません。

原状回復するための費用は敷金から充当される

これら原状回復によってかかるお金は、大抵部屋の契約時に預けている敷金から差し引かれます。部屋の修繕やクリーニングにかかる費用を差し引いた金額が後で戻ってくると考えて下さい。

実はこの敷金から差し引かれる費用が高かったり余計な費用を負担されたりするなどして結局敷金が返ってこないなどのトラブルが頻発していました。最近はそうでもないのですが、トラブルがいまだに多い箇所なので、別途「敷金トラブル」のカテゴリ記事を参照して対策をとるようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク