洗濯機(防水パン)の大きさは物件選びを左右する

By: shibainu
By: shibainu

今使っている洗濯機がそのまま使えるとは限らない?

物件を選ぶときに意外と重要なのが洗濯機置き場になります。 初めて1人暮らしをするなど、洗濯機を引越しに合わせて購入するという場合であれば問題にならないのですが、洗濯機置き場の周りの壁防水パンという洗濯機置き場の排水ポイントとなっている部分のサイズが今の洗濯機と合っているかによって、今利用している洗濯機が使えない場合があるからです。

そうすると、せっかくその物件がよいと思っても、洗濯機が置けないためにその物件が選べないまたは洗濯機を買い替えなくてはならないという事態に陥ります。内見をする前に自分が持っている洗濯機のサイズと排水ホースの位置などを確認して、内見する物件で今の洗濯機が置けるかどうかの判断を事前に行っておきましょう。

一般的な洗濯機の大きさと防水パンの大きさ

まず、洗濯機とその洗濯機を置く防水パンのサイズというのはたくさん種類があるわけではなく、ある程度決まっています。 洗濯機には以下の種類の洗濯機があり、大きさの特徴があります。

  • ドラム式・・・縦型よりもサイズが大きい場合が多く、単身物件では置けない場合もある
  • 縦型・・・防水パンが置いてある物件ではだいたいこの洗濯機は設置可能
  • 二層式・・・横長の防水パンでなければ置けないが、今の時代これをわざわざチョイスはしないので検討から外しても可

また、防水パンにも大きさの種類がありますし、それだけでなく排水ホースを接続する排水溝と水道の蛇口の位置もチェックしなくてはならないポイントです。防水パンは基本的に以下のサイズが一般的です。

  • 正方形タイプ・・・幅64cm×奥行64cm
  • 長方形タイプ(1)・・・幅74cm×奥行64cm
  • 長方形タイプ(2)・・・幅80cm×奥行64cm

これらのサイズにあっているか、周りの壁などで設置が影響されないかなどを確認する必要があります。

また、↑の写真を見てもらうと分かるように、防水パンの中に段差があるものとないものがあります。「今使っている洗濯機は防水パンより小さいからなんとかなるか」と思っていたら、うまい具合に防水パンの段差の高い部分に洗濯機の脚が乗らず、不安定な状態になってしまうということもありえます。

洗濯機の脚の位置も念のため計測しておいて、引越し先の防水パンに脚がしっかり乗るかどうかを確かめておいたほうが良いでしょう。

ドラム式なら扉の開く向きにも注意

これは冷蔵庫などでも同じことが言えるのですが、防水パンのサイズが対応していても、周辺の壁などでドラム式洗濯機の開く扉の向きが影響される場合があります。

具体的には『洗濯機置き場の注意点』の記事で触れていますが、例えば扉が左向きの場合、扉は大抵90度以上開くように設計されているため、左側に壁があるとドラムの扉が最大まで開かない場合があります。そうすると洗濯物の出し入れが満足にできない場合がありますし、洗濯物を出した後に洗濯かごに入れるのも手間となるので注意が必要です。

そういう意味だと、あまりドラム式・縦型にこだわっていないのであれば、引越しが多い人は縦型の洗濯機を選んだほうが、壁や防水パンなどによる影響は少ないといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク