引越しの挨拶はどこまでやればいいの?

近所で世話になった人へのお礼は前日までに

引越しが決まり、日にちが決定するとそれまでにやらなくてはならない様々なことで日々が繁忙となり、スケジュールに追われることとなります。このような忙しい引越し期間の中でも、今までお世話になった管理人や大家さん、近所の人や知人への挨拶や連絡を行うのがマナーだと言えます。

管理人や大家さんは退去の通知の時点で引越すことは知っているはずですから、会うようなことがあれば一言挨拶するようにし、話をするような中であれば電話等連絡を入れてもいいでしょう。この際鍵の返却の仕方などを確認するようにしてください。

中には大家さんと一度も顔もあわさず会話もしないという場合もありますので、そのような場合は無理に挨拶をする必要はありません。

引越し当日業者が出入りする迷惑を考え、周辺住人には一言挨拶を

また、住んでいる部屋の周りによく話すような人がいれば、引越し当日に業者などが来て荷物の搬入やらなんやらでごちゃごちゃさせることになり迷惑をかけることがあるので、事前にいついつ引越しすることを話し、当日騒がせてしまうかもしれない旨を伝えておいた方がよいでしょう。

周辺住人は特に引越しした後でも旧住所に荷物が届いたり人が訪ねてくるなどして迷惑をかける場合があるので、この辺の挨拶は忘れないようにしたほうがよいかもしれません。

近所以外の世話になった人にはメールや電話で一報入れておこう

遠方に住む仲の良い知り合いや世話になった人、または引越し先がその知り合いの近所だったりするような場合はメールや電話などで一方入れた方がよいでしょう。

年賀状で毎年はがきを送ったり送られたりという仲になっていれば、住所が変わることがその年賀状で知るのか引越ししたタイミングかで通知してくれるかで付き合いの深さというか仲の良さというのが判断されてしまうので、(うまくいえませんが)あとあとになって「引越して住所が変更になったのになんですぐ知らせてくれないんだろう」と思うような人には特に連絡しておいた方がよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク