引越しに伴う「子供関連」の手続き

子供の転校手続きは早めに対応を

遠方への引越しに伴う子供への影響というのは大きいです。引越し元の友人と別れて新しい引越し先で友人を作るというのは良い悪いいろいろな影響を与えます。そんな子供へ時間を与えるという意味でも子供の転校手続きは早めに行う必要があります。

事務手続きというだけでも、公立の小中学校へは転出の手続や引越し先への転入の手続というものが必要となりますし、私立の学校へは編入試験に合格しないと転校できないということがあるからです。

これらの事務手続きは都道府県や学校によって内容や提出書類等が異なります。引越し先でも学校をどこにしたらいいかなどは引越し先の役所などでどこに聞いたらいいかなどの情報収集をしておいたほうがいいかもしれません。

子供が通う習い事先や塾へのやめる手続き

学校だけでなく、子供の習い事や塾への連絡、やめる事務手続きが必要となります。場合によっては挨拶等もしなければなりません。また、引越し先で習い事を継続したい場合は事前にその習い事が続けられるかどうかの調査も必要になってくるでしょう。

引越しで都会から田舎、逆に田舎から都会に引越すような場合はガラっと習い事の内容も変えてみるというのも子供の成長にとってよいことかもしれません。引越し先の近くにそのようなやったことのない習い事ができるようなところがあれば、検討の範囲に入れて置くということもありだと思います。

子供の友人の親への連絡をどこまで行うか

学校や塾などで子供の親同士の付き合いがある場合は、引越しの旨連絡をしておいた方がいいでしょう。定期的な集会などがあればその場で、そうでなければ仲が良い人にでも電話等で一方入れて置くことがマナーだと思います。

立つ鳥跡を濁さずではないですが、お世話になって人にはその感謝の旨を伝えて引越すようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク