引越し前の住所変更手続き(3)電話の移転・バイク車・銀行保険

固定電話・携帯電話会社への引越し連絡の手続き

固定電話自体の引越しの手続はNTT東日本、NTT西日本それぞれの管轄で手続きを行うようになるのでそれほど難しいわけではありませんが、注意しなくてはならないのがインターネット回線を引いている場合です。

固定電話以外にフレッツ回線を敷設している場合は移転の工事費などもかかる場合があります。また、契約期間に縛りがないなら一度解約して、新たに新規で申し込んだ方がキャンペーンなどでお得になる場合もあります。また、引越し先で固定のインターネット回線はいらないという場合もあるかもしれませんので、手続というよりは引越し先でどのようにするかを考えるということが重要になります。

携帯電話会社への引越しの手続は基本的には住所変更だけになりますので、サイトや最寄りの携帯電話メーカのショップで手続きを行うようにして下さい。この手続きはそれほど急ぐ必要もありませんので。

バイクや車の登録変更手続き

バイクや車を持って引越すような場合、以下の手続が必要となります。忘れないようにしましょう。

  • 車検証の住所変更手続
  • 車庫証明書の手続
  • 自動車保険の住所変更手続
  • バイクの住所変更手続・・・原付は市区町村、126cc以上のバイクは陸運支局が担当なので、購入元のショップなどで手続きを聞いて見るのも良いでしょう。
  • バイクの自賠責保険・任意保険の住所変更手続き

また、引越し先でバイクや車を持っていかず、買い取ってもらうという方法もあります。その場合は「引越しを機にバイク・車を処分する方法」にもあるように、複数の買取業者に見積りをとってなるべく高く買い取ってくれるところを選びましょう。

銀行や保険などの住所変更が必要になる場合

銀行や保険会社など、お金に関する取り扱いを行うところは多くあるので、忘れずに住所変更をするようにしてください。

  • 銀行
  • クレジットカード、ローン会社
  • 郵便貯金、簡易保険(かんぽ)
  • 生命保険、損害保険会社
  • 信託銀行

他、住所変更が必要になる場合はたくさんあります。うんざりするのですが、忘れないようにしておくことが大事です。

  • 自動車関係・・・JAFやディーラー
  • 会員関係・・・デパート、スーパー、スポーツクラブ、ファン会員など
  • 資格関係・・・免許
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク