国民健康保険に加入している人は引越し時に届出が必要

転出届と同時に国保の手続きを合わせて行う

転出届けと同時に役所関係の手続はいっぺんに行ってしまおうということで、印鑑登録の変更以外に国民健康保険の資格喪失届を提出しなくてはなりません。

国民健康保険は住んでいる自治体に加入するものなので、引越しを行うのであれば住んていた自治体に国民健康保険を解約し、新しい引越し先の自治体で再加入するという流れになるからです。

国保の喪失・加入は発生日から14日以内に手続きを済ますべし

国保は加入する時もやめる時も、その発生日から14日以内に届けることということになっているので、やめるときは引越し後でも問題ないのですが、大抵自治体が遠くなって逆に行きにくくなるので事前に届け出は済ませておいた方がよいでしょう。

このとき保険証は自治体に返却することになりますので、早めに引越し先の自治体で国民健康保険に加入する手続きをしないと、この間に通院しなくてはならないときに困ってしまいます。

ちなみに子供がいる場合も同様の喪失届を出す必要がありますので忘れないように手続きをしましょう。

会社で社会保険に入っている人は対応不要

もちろん会社勤めで社会保険に入っている人は会社から支給されている保険証があるのでこれらの手続は不要となります。しかし、転出届けや印鑑登録の廃止などは別に自治体で手続きが必要なので、役所に行くようにしましょう。ここ最近は土曜でも役所の窓口が開いている場合がありますので、なかなか休みが取れない人は混んでいるのを覚悟して土曜日に行くのもよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク