住民票を移す手続き|転出届・転居届・住民異動届

自治体の手続きを受けられるように住民登録をしておこう

とある場所に住むといったときに、市区町村の自治体というものがあり、その役所(役場)で行う手続きやサービスを受けるといった場合、自治体へ住民登録をする必要があります。

管理人が学生だった頃、遠方から来た1人暮らしの友人は数年間住民登録をせずに過ごしていましたが、(本来は良くはないのですが)区役所に行く必要がない場合は特に不便なく過ごしていました。

これが学生ではなく社会人になると、時に住民票や印鑑証明が必要になったり、選挙の投票用紙がちゃんと自分の家に届くようにするためにも住民登録は必要になります。

引越す際は『転出届』『転居届』『住民異動届』などを届け出る

他の市区町村へ引越す場合は引越しをする日までに「転出届」(場所によって「住民異動届」などとも言う)を提出します。これを提出すると自治体は転出証明書を発行してくれるので、これを引越し先の自治体の役所へ行って「転入届」と当時に転出証明書を提出する流れになります。

なお、住民基本台帳カードの交付を受けている人は、郵送で転出届を行えば、転出証明書の発行を受けることなく転入先で転入の手続きを行うことができるので便利です。

なお、同じ区内・市内・町村内であれば「転居届」として自治体の住所変更を行うだけの作業になります。

引越し先で『転入届』を行うための必要な手続き

転入届は引越しした日から14日以内に引越し先の役所・役場へ行って提出する必要があります。これが完了して自分の存在が役所・役場に登録され、自治体のサービスを受けられることとなります。

これらの手続きは面倒で、自治体に行ってみると混んでて時間を費やしてしまうこともありますが、必要な手続きですので実施するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク