転入届で住民票を移す手続き&その他役所役場での手続き

引越し元の市区町村役場で「転出届」を提出しているか

そもそも引越しする前に住んでいた家の地域の市区町村役場(役所)で、「転出届」を提出し、転出証明書が手元にないと引越し先で「転入届」は行えません。

住民票を移す手続き|転出届・転居届・住民異動届」を参照して手続を踏んでから、引越し先の市区町村役場で転入手続きを開始することにしましょう。

転入届は引越し日から14日以内に

転入届けは原則引越しした日から14日以内に行わなくてはなりません。

これも、住民基本台帳の交付を受けている場合、郵送での転出(付記転出届)を行えば転出証明書の発行を受けることなく転入先での転入手続き(付記転入届)ができます。このとき転入先では窓口での手続きが不要とはならず、転入届が必要になります)

付記転出届けに書かれた転出日(引越し日)から30日以内に旧住所の市区町村で交付された住民基本台帳カードを持って新住所地の最寄りの届け出窓口に行く様な形になります。

ちなみに、同一の市区町村内での引越しであれば「転居届」だけを1度出せばよく「転出届」→「転入届」と2回の手続を踏む必要はありません。

一緒に市区町村役場で行う手続

転入届を出す際、必要に応じて以下の手続も合わせて行うようにしましょう。特に、転出届けで解約届けをしているものは引き続き加入手続きを行う形になると思います。

  • 国民健康保険の加入手続き
  • 国民年金の住所変更
  • 印鑑登録

だいたいこれらの手続も引越し日から14日以内となっていますので早めの手続を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク