設置済みエアコンの事前チェック内容

エアコンは通電確認以外に中を開けてみよう

今や大抵の物件で設置されているエアコンですが、このエアコンが万が一問題があると夏や冬に苦労することになります。

特に、エアコンはフィルターの掃除をするかしないかだけでも性能効率が全然違うため、住んでいる最中も定期的な掃除が必要となりますが、最初の内見の際にその掃除がきちんとされているか、実際にエアコンの中を開けて確認するようにしましょう。

また、リモコンがちゃんと反応するかどうかも見ておいて、反応が悪いようなら不動産屋に電池交換してもらうよう依頼しておきましょう。

エアコンの型番を控えて経過年数と性能をチェックする

賃貸物件ではエアコンは最初から備え付けの場合が多いため、そのメーカーや型番までは指定できません。内見時にはそのエアコンの型番を控えておいて、ホ^ムページなどを利用してエアコンの経過年数と性能をチェックするのもよいでしょう。

というのも、明らかにエアコンの経過年数が長かったり、10畳ある部屋に6畳用のエアコンがついている場合はパワー不足に陥りがちです。管理人の経験上、最上階の角部屋という夏暑くなりやすい部屋では既定の畳数用のエアコンのパワーですら足りず、都内で2日間不在にしてエアコンを切っておくだけで部屋の温度が36度にまで上がってしまい、それを冷やすのに長時間を要する場合もありました。

部屋に合っていないエアコンであれば、いっそのこと交換を依頼するのも手だと思います。

ベランダにあるエアコンの室外機

エアコンにつきものなのが部屋の外に置いてある室外機です。

実施、エアコンが無い部屋にエアコンを取りつける場合は、エアコン本体と室外機をつなぐための穴が必要になるのですが、その穴から風などが漏れていないかを確認しておきましょう。

また、エアコンの性能が悪い原因の一つとして室外機の周りに何か物が置いてあり、風をうまく取り入れにくい場合があります。ベランダなども確認して、室外機まわりの空間もしっかりと確保されているかの確認もするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク