追加出費がかかりそうかをチェックする

今まで使ってきたものがそのまま使えない場合もある

引越しでかかる費用で意外と重要になってくるのが「追加で家具などを購入する・買い替えなくてはならない場合」です。

いままで使ってきたものが使えないとなると、買い替えのためのそこそこの出費がかかります。これが冷蔵庫や洗濯機とかならお値段もはるので注意しがちなとことですが、安いものでも塵も積もれば山となるというようにあとあとたくさん買い直してしまったということにもなりかねません。それ以外にも今まで使ってきたものがもったいないということにもなります。

物件に予め設置されている設備

具体的に、前使っていたものが使えるかどうかを見逃しやすい確認ポイントは以下のものがあります。

  • カーテンレールのタイプがあっているか
  • 照明灯がそのまま使えるか
  • クローゼットと収納ボックスの大きさはあっているか
  • コンロ台はガスが都市ガス・プロパンガスで種類の問題は無いか

これを間違っているまま契約し、入居を開始したとなると、引越し当日に「使えない」ことがわかり、急いで買い直すというハメになります。

携帯電話・スマートフォンの電波が入るか?

これ以外にも、内見時には携帯電話やスマートフォンの電波が入るかどうかを確認しましょう。

電波が入りづらい場合、家で利用するときの弊害になってしまうため、家庭で光回線などを引いたのちに自宅用の無線LANを敷設するなどの対策を取らないといけませんし、これが追加出費としては結構かかると思います。

あまり携帯の電波が入らないというエリアは無いのですが、建物の影になって入りにくい場所というのは良くあることなので注意が必要でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク