ベランダ・バルコニーを内見時にチェックするポイント

ベランダ・バルコニーで何をするの?

ベランダやバルコニーは単に部屋から外に出られるといったためのものではなく、主に洗濯物を外に干すための場所として利用されると思います。また、それ以外にもタバコを部屋で吸わずになるべく外で吸うといった場合の場所や、簡単なベランダ家庭菜園を外で行いたい場合などにも使われるでしょう。

いずれにおいても、そのベランダで目的のことを実行できるかは広さが重要になってきます。

洗濯する場合は物干し竿を掛けるフックがあるかどうか

まず、洗濯物を外に干すことを想定した物件には、大抵ベランダやバルコニーに「物干し竿用フック」が設置されています。このフックも物干し竿をひっかけるために二か所設置されているのですが、間隔が物件によってまちまちなので、それに合う物干し竿が必要です。ちなみに、物干し竿は大抵物件には設置されてはいないので自分で購入することになりますが、ホームセンターなどに行かないとお店に置いていないこともあり、意外と手に入りにくいので注意が必要です。

また物干し竿をかけるフックが無い場合、バスルームのランドリーパイプ(天井に付けられている物干し)があればバスルームに干すか、そうでなければ自分で物干し竿を取りつけるための方法もしくは部屋干し方法などを自分で考えなければならないので、事前に不動産屋と相談するようにしましょう。

非常口・はしごが置いてあるとベランダに物を置けない

なお、大抵ベランダやバルコニーは非常口の意味合いも兼ねており、そこそこ階数のある物件はベランダを仕切る壁が緊急時は破れるようになっており各部屋のベランダを移動できるようになります。そして、角部屋などに「避難用はしご」が設置されているので、そのはしごをつかって1階まで降りられるようになるとなっている場合もあります。

この時のために、「ベランダには物を置いてはいけない」と言われます。緊急時に通行できなくなるからです。家庭菜園などを行う場合このような点も注意してプランターなどを設置する必要があるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク