部屋の臭い・汚れは何かのサインだと思え

部屋に最初に入った臭いは最後まで忘れるな

内見を何度か実施したことがある人なら分かるのですが、物件には特有の「におい」があります。匂い、臭いと感じにするといろいろありますが、新築には壁紙や木材などの新築っぽいにおいが、古い家は前の住人の影響がありそうなにおいがあるものですが、ここで注意しなくてはならないのは「くさい」という意味での「臭い」です。

この「臭い」はきっと気のせいではありません。不動産屋が同行しているようであれば、この臭いの原因が何なのかを大家を通じてでも調査してもらった方がよいかもしれません。原因によっては、単なる悪臭というだけでなく、不衛生な結果としてカビが発生したり、水漏れが発生したりして入居後にトラブルとなる可能性もあるからです。

臭いの元となりうる場所をチェックする

具体的には、水周りや風通しの悪い場所を確認するようにしましょう。

水周りは主にシンク下、バスルームの排水溝、トイレ、洗濯機置き場の排水溝などは下水のような臭いがする場合があります。大抵シンクや排水溝は管の中に「トラップという水がたまる部分を設け、下からの下水臭や虫などが部屋に入ってくるのを防いでいるのですが、このような臭いがする場合はこのトラップの部分に汚れがたまって機能していない場合があるからです。ゴキブリなどが嫌いなら、こういったところも注意しておいた方がよいでしょう。

また、風通しの悪い場所としては押入れやクローゼットの臭いがカビ臭くないかどうかを確かめましょう。へんなシミがあったり、壁紙のクロスの隅が浮いているようならその部屋全体が湿気が多く、カビが生えやすい部屋かもしれません。

汚れは内見時に写真を撮っておく

物件を内見している際に汚れを発見した場合は、それを写真などに撮っておいた方が良いです。というのも、入居前からあった汚れが自分の退去時にそのクリーニング代を負担しなければならないという恐れもあるからです。

そもそも臭いの原因となるような汚れがある場合、室内のクリーニングがあまりちゃんと行われていないということも考えられます。その物件にどうしても住みたいなら、不動産屋などにクリーニングを行うよう依頼しておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク