防犯設備・セキュリティ面は問題ないか

実は賃貸物件の防犯設備・セキュリティは良い悪いがはっきり表れる部分だと思います。ここ最近見知らぬ人間が泥棒に入られるというだけでなく、顔見知りによるストーカーなどの面もニュースが多くなり、昔よりも防犯面を気にかけなくてはならない時代だと言えるでしょう。

防犯設備がどの程度物件に設置されているか

物件で確認すべき防犯設備の箇所は玄関と窓です。

この中で、物件そのもののエントランスに設置されているオートロックの設備や、テレビモニター付きインターホン(ドアホン)は大きな安全対策となります。特に、テレビモニター付きインターホンは「玄関やエントランスに知らない人が来たらドアを開けない」ということができるので、防犯効果が非常に高まります。防犯だけでなく、変なセールスや勧誘も断れるのが強みです。

また、建物のカギもピッキングされにくい鍵を取り扱っているかも重要です(ピッキングされにくい鍵についての詳細は「防犯のためには鍵の種類も大事」記事参照)。

窓・ベランダが侵入経路にならないか

次に、窓やベランダは侵入者の部屋への侵入経路とならないかどうかを確認しましょう。特に1階の場合は外から簡単に侵入される場合がありますし、2階以上でもベランダまで登ってこれるような鉄パイプや物、レンガなどが無いかを確認します。逆に3回以上だから安心というわけではなく、1,2階よりも人目がつきにくいため、逆に侵入しやすい場合もあります。同じように高層階でも侵入経路が無いかを確認しましょう。

ちなみに、侵入者は泥棒目的であれば手間がかかることを嫌うため、鍵が二つ付いている窓や割れにくいガラスを使っている窓、人が来ると音が鳴ったりライトが当たるようにするなどするとそれだけで嫌がるものです。侵入経路がありそうな物件を選ぶときは侵入者が嫌がるようなことをするようにしましょう。

セキュリティ会社付の物件は契約しなくても効果あり

なお、建物自体がセコムやアルソックといったセキュリティ会社のシールが貼っているような物件はそれだけで防犯の効果があります。本来は部屋ごとに個別でサービス加入をしなくてはならないのですが、あらかじめ防犯カメラが設置されていたり、セキュリティ会社のシールが貼られているだけでそれだけで侵入者は物件を避けます。

もちろんその分の家賃・共益費が上乗せされている場合もありますが、このような物件を選んでおけば防犯対策はかなり良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク