荷物別梱包技(4)食器・調理器具

食器や調理器具は他の荷物と比べて「割れやすい」部類だと思いますので、割れないような工夫をして梱包することが重要です。

食器やグラス、びんの梱包

食器やグラスはそのまま直に積んでしまうと衝撃で割れたりする場合があるので、一つ一つ新聞紙などにくるみます。もちろんプチプチなどの緩衝材を使ったほうがよいのですが有料なので新聞紙でも十分です。ダンボールにも新聞紙を敷き詰めるなどしてダンボールの底と側面全体にクッションをつくり、茶碗やカップ類は伏せて、皿は立てて入れると割れにくくなります。

調味料などビンをしまう場合は、液漏れ等がないようにキャップをしっかりと閉め、万が一割れても大丈夫なようにひとつひとつビニール袋に入れて新聞紙でくるみ、それをしまうダンボールにも新聞紙を敷き詰めると大丈夫です。びんとびんがぶつかると割れやすいので、間にも新聞紙を入れてとなりのびんが当らなようにしましょう。

これらをしまったダンボールは「ワレモノ注意」と大きく書いておくと、業者も運ぶ際に上に荷物を置かなくなるのでおすすめだ。

箸・スプーン・フォークなどの「カトラリー」の梱包

箸やスプーン、フォークなどはバラバラになると後の荷解き時の収納が大変になり紛失する場合があるので、数本ずつまとめてビニールひもやワゴムなどで縛り、さらにビニール袋に入れて置くと取り出しやすくて使いやすい。

なお、包丁などは厚手の紙で包丁の歯の部分を挟み込んでしっかりとガムテープにくるみ固定する。そして、一目で包丁とわかるような印などをつけておいて、取り出す際にケガしないような注意が必要です。

鍋やフライパンの梱包

なべは本体とフタを分けて収納します。特に、フタがガラスの場合は割れやすいので、食器同様の梱包を行いましょう。

われない鍋は大きなものから小さなものを重ねて置くようにするとスペースをとりません。ひもでくるんでダンボールに入れ、新聞紙などをしきつめると鍋同士でぶつかることも無くなります。

フライパンは表面が傷つくと使い物にならないフッ素加工のものがありますので、この面が他の荷物とぶつからないように新聞紙などで包んで収納するとよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク