梱包資材は荷造りの前に多めに準備しておこう

荷物を梱包するのに必要なものはダンボールだけではない

引越し業者にお願いするとダンボールは貸与してくれたり頂けたりするのですが、ダンボールだけでは荷物の梱包は完了しません。ダンボールを組み立てて底と蓋をしめるためにはガムテープが必要ですし、食器など割れないようにするための梱包材(プチプチ)とか新聞紙なんかが追加でかかる梱包資材になります。

これらは自分で用意しなくてはならないので、引っ越し前になるべくたくさん用意しておいた方がよいでしょう。

ガムテープ・新聞紙は多めに用意しておく

ガムテープや新聞紙などは、引越し初心者の人は特に想定以上の分量を用意しておいた方がよいでしょう。それは、どちらも足りなくなることが多いというのが理由です。

ガムテープはダンボールを閉じるだけでなく、底が抜けないような補強をするのにも使いますし、新聞紙などで何かを包んだ時にテープとして止めるために使うという場合も多いでしょう。また、新聞紙は荷物を包んで傷防止のために使う以外にも、ダンボールの中の空間に敷き詰めることでダンボールが揺れた時に中の荷物同士でぶつかって傷がつくのを防ぐのにも使います。

これらはあとあとでも使えたり捨てたりすることができます。新聞を取っている人は多めに準備しておいて、そうでない人はどこかから大量にもらってくるなどの手配をしておきましょう。

100円均一で買える梱包資材

上記のガムテープなどは100円均一で買えたりしますが、他にも引っ越しで使える梱包資材は結構あります。

  • チャック付きビニール袋:小物などをまとめる場合、ジップロックのようなチャックが付いた透明なビニール袋に入れると中身も見えて同じようなものを入れることができるので重宝します。
  • ビニールひも:雑誌などはダンボールに入れるより、数冊をまとめてビニールひもでまとめて運んだほうが簡単です。
  • プチプチ:ある程度の大きさのものは買えるので、ビンなどの割れやすいものの梱包に使いましょう。
  • ビニール袋・ラップ:液体が入っている入れ物はラップで包んでビニールでくるむと液漏れ対策になります。
  • 輪ゴム・セロテープ:小物をまとめるのに使えます。

その他、収納には使いませんが、掃除用の雑巾や荷物を運ぶ際に必要な軍手なども売っています。100円均一には引越しに使えるものがたくさんあるので、便利に活用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク