荷造りの手順を押さえないと大変なことに

荷物をただやみくもにダンボールに入れると、あとあと取り出しにくくなったり、ダンボールの中で破損したりするのでちょっと気を付けなければなりません。ここでは荷造りでダンボールにしまう場合のセオリーみたいなものを述べていきます。

普段使わないものから先にダンボールへ詰めよう

まず、荷物はそう簡単にダンボールに入れてしまうと、引っ越し前に必要になったりするものなのでうかつに早期にしまえないということがあります。ですので、引越し直前に荷造りは集中することになりますが、忙しくなると引越し直前でかなり大変になります。これを防ぐために、普段使わないようなものからダンボールにつめていくというのが一般的です。

具体的には使わない食器やシーズンオフの洋服、その他雑貨や押入れにしまってあるようなものです。

普段使わないものなので段ボールを置く場所に困ってしまうかもしれませんが、押入れなどに入れて荷物のあげさげしても大丈夫なように詰めていれましょう。ただし、大きなダンボールに本などの重い荷物をぴっちり詰めて入れるとダンボールが重すぎてしまい、底が抜けてしまう場合もありますので注意しましょう。

重いものは箱の下に入れる

ダンボールの中で重いものを上に入れて軽いものを下に入れると、軽いものが中でつぶれやすくなりますし、バランスが悪くてダンボールを積み上げた時に崩れ落ちる可能性があります。安定感を出すためにも重い物をダンボールの下に入れるようにするべきです。

取りだすときのことを考えて箱に詰める

例えばタンスの中の服を詰めるとき、引き出し単位で詰めるようにすると取り出して再度タンスに収納する時に何も考えずに収納することができます。この時ダンボールに「洋服タンス2・3段目」と中身のことを書いておくとなおさら分かりやすいでしょう。

他にもクローゼットにかかってあるハンガーつきの洋服はハンガーを外さないでそのまま折り畳んでダンボールに詰めると引越し先のクローゼットに収納する時に簡単になります。引越し業者によってはクローゼットの洋服をハンガーをそのまま掛けられるポール付きで運べるような衣装ケースを貸してくれたりもするので、利用できるか聞いて見てもいいかもしれません。

このように、取り出してすぐ収納できるように考えてから荷物に詰めるようにすると荷解き作業も進むのでオススメです。引越し後になかなかダンボールを開けないというのはこの辺を考えていないからだと思いますので、引越しをスムーズに終わらせるためにも事前準備はしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク