ダンボールの荷物は場所別・種類別でまとめる

ダンボールへは無造作に荷物を詰め込まない

ダンボールへ荷物を適当に入れればいいというものではありません。適当に入れれば入れるほど「あれどこにいったかな?」と探せなくなります。ダンボールを一度に一気に開封して収納できればよいのですが、大抵すぐ使うもの以外は少しばかり後回しになるものが多く、例えばシーズンオフの衣類を入れた段ボールだからとしまっておいたらその中に実はすぐに必要な衣類が入っており、なかなか見つからなかったということが多いからです。

荷物を詰める時点で引越し先のことを考えた荷造りが必要ですが、主にダンボールを置く場所と荷物の中身の種類で分類してダンボールに詰めることが必要となります。

場所単位でダンボールを分ける

まず、引越し業者にもわかりやすく荷物の置き場所を示せるように、中身によってこのダンボールを新居の部屋のどこに置くかを明示しておきましょう。そして、置いた場所で使えるような中身を詰めることが大事です。

キッチン、トイレ、風呂、居間、寝室、クローゼットの中といった場所ごとにダンボールを分け、その部屋の場所で使うものを収納していきます。キッチンであれば鍋や食器類、トイレであればトイレ掃除用品やトイレットペーパー、風呂であればシャンプーなど、居間であればテレビのリモコンなどの小物、寝室であれば寝具、収納する荷物(衣類)はクローゼットなどとなります。

種類単位でダンボールを分ける

次に、置き場所の中でも荷物の中の種類に応じてダンボールを分けた方がよいでしょう。例えばキッチンであれば食器・調理器具・調味料ごとにダンボールを分けたり、天窓の収納にはシーズンオフの衣類、そうでない今のシーズンの衣類はクローゼットに、収納ボックスに入れるものとハンガー掛けするものごとに衣類を分けたりと収納箇所ごとに荷物を分けると非常に荷解きがやりやすくなります。

ポイントとなるのは「このダンボール以外の場所にこの荷物があるはずがない」という状況を作ることが大切です。荷物が無くなる、見当たらなくなる原因は「全然違う種類の荷物といつの間にか同梱されていた」という場合が多く、手鏡が見つからないと思ったら全然関係ない書籍のダンボールの中に入っていたりするようなことが該当します。

面倒だから後でこのダンボールに適当に入れておけばよいと思うのは紛失する危険を伴います。ダンボールは最後までガムテープによる封は行わず、収納するものをしっかりと場所別・種類別にわけて行うのが引越しのコツと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク