シェアハウスする場合に優先すべき物件条件

同じ「2人暮らし」でも、夫婦・カップルの同棲とは異なり、シェアハウスの場合はその関係性により比較的問題が生じやすいと言えます。物件によっては推奨されない暮らし方の場合もあります。それだけ問題になりやすいので、あらかじめ物件を選ぶ際にその問題が生じないよう気を付けることも重要となります。

2人の関係性を考えると、個々の部屋を割当ててプライバシーを尊重する

夫婦やカップルの場合と違い、2人の関係性は「他人」の色が強いはずなので、お互いが1人になれるようなスペースはシェアハウスでは絶対に必要と考えてよいでしょう。

1R、1Kの物件ではこれは実現しないため、最低でも2Kの物件を探し、お互いのプライバシーが守れるような部屋を選ぶことがトラブル事前回避の一つのポイントとなるでしょう。

各部屋へは必ず玄関からつながる廊下を通じて行ける物件を探す

しかしながら2Kの物件でも、片方の部屋を通過しないともう片方の部屋にたどりつけない造りになっている場合があります。これだとプライバシーなんて守られないので、共用部から廊下を通じて片方の部屋を通過せずもう片方の部屋に入れるような「V字型」の物件を選びましょう。

なお、1DK、1LDKの物件で片方がダイニングに、もう片方が寝室用の居室に住むといった場合、大抵はダイニングを通過しないと家から出られないので、「V字型」でない物件と同じような状況に陥りますので注意が必要です。

共用部にこそ広くて使いやすい物件を

シェアハウスで問題になるのは共用部の使いまわしの部分です。キッチン、トイレ、風呂などはお互いが使い、当番制などで掃除したりすると思います。このようなときに当番制を破るなどのルール違反がトラブルの原因となりがちです。

少しでもトラブルを回避するために、このような共用で使う設備は使いやすく、部屋もそれぞれ独立していて、広めの物件を選んだほうがよいでしょう。例えばトイレと風呂が別でも、トイレを通過しないと風呂に入れないという場合は片方が風呂に入っている場合にもう片方がトイレに行けなくなります。細かいと思うかもしれませんがこのような若干の不都合感からトラブルが発生するものなので、事前の物件選びで気をつけられるようなところは気をつけた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク