1人暮らしで優先すべき物件条件

一般的に、1人暮らしをする場合に優先して検討した方が良い物件の条件というものを解説致します。

その部屋にどれだけの期間住むかで条件が異なる

まず、その部屋にどれだけの期間住むことになるかというのがあれば、確認しておいた方が良いです。学生の数年間だけとか長く住むつもりがあまり無いのであれば、例え物件選びに失敗しても少しだけ我慢すればよいという感覚にもなりますが、そうでない場合はやはり長い期間住みやすいような物件を慎重に選びたくなります。

また、家賃を安くしたいのであれば定期借家契約という手もあります。なかなか物件の種類は無いのですが、あったら検討に入れても良いと思います。

初めて1人暮らしする人は、実家と近い感覚が結局は落ち着く

この「失敗」というものの一つに、管理人が経験したものの中の一つとして「今までとは違う生活をしてみたい」というものでした。

実家が和室中心で、畳やカーペットのみで暮らしているとフローリングの洋室部屋にあこがれてしまいます。しかし、実家に居たときのようにすぐに横になれないし、ベッドは寝相が悪いせいかすぐに落ちそうになってしまう、すぐに埃がたまるフローリングの掃除がめんどくさいなど、悪いポイントが目立つようになります(良いことはあまり意識しない一方で)。

で、結局次の部屋は和室も考えてみようということになりました。こんな感じで、実家で暮らしていたような生活が落ち着くのであれば、それに似たような物件を選ぶと後悔は少ないものです。

忙しい人は家事が楽になる物件&リラックスできる空間がお勧め

忙しい人は家にあまり帰らなくなると思います。家の役割が寝るだけ、という人であれば、その寝るだけの機能が充実しているような物件を選ぶべきです。それこそ、畳の上で寝た方が疲れが取れるというのであれば和室の部屋を選ぶ方が良いです。

たまにしか家に帰らない忙しい人にとって「家」とはどのような役割を担ってほしいのか、ということを考えると物件も選びやすいのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク