引越し日までに梱包の準備が間に合うか

引越し業者は引越し日より早めに決めておく

引越し日が決まったら、なるべくすみやかに引越し業者を決めた方がよいと思います。引越し日の直前ではそもそも希望する日と時間にその業者が空いているかどうかもわかりませんし、自分で梱包をするようなら引越し業者からダンボールをもらう(借りる)のが早ければ早いほど梱包作業に時間を掛けられるからです。

ですので、引越し日が決まったら引越し業者を選ぶのではなく、あらかじめ引越し業者の選定はすましておいたほうがよいでしょう。

荷物の梱包はなかなか進まないものと認識しておく

そもそも、学生や社会人で忙しい人は荷物の梱包がなかなか進まないことを認識しておいた方がよいでしょう。まとまった作業は土日などの空いている休みの日にしかできないし、引越し日直前まで使うものはなかなかダンボールにしまえず、直前の梱包にすごく時間がかかってしまうものだからです。

大型の家電などは大きい割に直前まで利用します。冷蔵庫の中身は直前まで使い切っておかないと夏なら特に腐ってしまう場合がありますし、ベッドや布団は前日まで使います。カーテンも片づけられません。事前に片づけられるのは普段あまり使わないようなものなので意外ともう梱包されているような場合が多いのです。

お金はかかるが業者に全部やってもらう方法も

逆に忙しすぎるようなら、自分でダンボールに梱包作業をするのではなく引越し業者の作業員にすべてお任せするというのも手です。やはりプロだけあって作業が慣れているので梱包は早く、万が一破損などしても自分でやった場合はどうしようもありませんが、業者に任せると保険がかかっているので弁償もしてもらえます。何より自分が直前まで何もしなくてよいのは非常に便利でしょう。

ただし、すごくお金がかかります。1人暮らしなどの荷物が少ない場合は自分で梱包したほうが圧倒的にコストパフォーマンスは良いのですが、ファミリーなどはどうしても大量の荷物を抱えていると思うので、いっそのことすべてお任せする業者に依頼したほうが逆によかったりする場合が多いのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク