クローゼットと押入れと物置のメリット・デメリット

By: Jun OHWADA
By: Jun OHWADA

クローゼットの特徴とメリット・デメリット

クローゼットは主に洋室の収納場所で、大きさや中身が様々なパターンがあります。 特徴的なのはで、取っ手がついてある引き戸を引いて、扉が折り畳まれるように開閉されるものがほとんどです。この開き方だと、たたまれる扉のスペースを確保しないと扉が開かないので注意が必要です。 closet2 物によっては洋服をかけるハンガーラックが付いており、何も購入しなくてもハンガーで服を下げられるというメリットがありますが、たいていの場合は布団など寝具が収納できる奥行きは確保されていません。 布団の収納場所が無いためベッドを用意するということとなり、洋室でベッドを使わず布団で寝ようとすると少し工夫が必要なのです。

押入れの特徴とメリット・デメリット

押し入れは和室にある収納場所で、襖の扉で開閉する大きさがわりとどこも同じような形で造られています。 襖での開閉となるため手前に物を置いていても開閉でき、布団を収納するスペースがあることから布団派にとっては必須の収納スペースです。 なお、まれに襖ではなく扉となっている場合もありますので注意が必要です。↓のように。tobiraoshiire また、一般的にクローゼットよりも収納スペースを確保しやすいため、収納する物がたくさんある人にはおすすめです。 その分、湿気が貯まりやすくてカビが発生しやすい場合もありますし、ハンガーラックなどは付いていないため、洋服の収納は工夫が必要となります。

物置の特徴とメリット・デメリット

物置は、クローゼットでも押入れでもない、どちらかというと「何もないから収納場所としていいんじゃない?」という感じのスペースです。スペースによっては『納戸(なんど)』とも表現されることもあります。 昔の物件にはよく「物」と表記されますが、最近の物件は「物置」とは表現されず収納スペースを意味する「収」と表記されます。この場合の収納スペースは物置のような空間、というよりもあらかじめ収納用の何かが置いてあるような場合がほとんどです。

うまく使えれば多くの収納スペースを確保できますが、棚などは自分で用意しなくてはならない場合が多いので天井までのスペースがもったいない(使いきれない)ということも考えられます。 収納スペースは内見時に最もチェックすべき場所です今まで使っていた収納ボックスが入らない、ということもありえますので、詳細を寸法レベルまで確認することが必要になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク