方角と窓と太陽の関係

By: Kiyonobu Ito
By: Kiyonobu Ito

よく物件を見ていると、「日当たり良好」という言葉を見かけると思います。 なるべく日の光が入る方が部屋がジメジメせずに済みますし、朝気持ちよく起きれたりといいことのイメージが強いです。 日当たりのよい物件を見つけるために注意すべきポイントを見ていきましょう。

日当たりのよい方角とは?

太陽は東から南を通って西に沈みます。 ですので、東向き・南向き・西向きに窓があるとそこから光が入ります

東向きは朝方に光が入るので、朝日を浴びて起きたい人にはとても良い物件です。逆に、夜勤の方などで朝方に寝たいと考えている人には向かない物件だと思います。 逆に、西向きは西日が入るため、まぶしい&夏は暑いということから敬遠されがちです。それでも日が全く入らない家と比較して、日が入る方がよいという方には選択してもよいかもしれません。 南向きは東と西の中間で、太陽が最も高い位置に上る状態で光が入るため、光が入りすぎずしっかり入るというちょうどよい日当たりを得ることができます。

同じ条件の物件があれば、南向きの物件が一番家賃が高くなるでしょう。 なお、物件を選ぶときに「東向き」「南向き」を条件に選べることはあっても、「北向き」「西向き」の物件はそのような検索条件すらありません。

方角だけでは分からない日当たり具合

まず、窓が同じ向きであっても、窓・出窓・ベランダ(バルコニー)で窓の大きさが違います。このため、たとえ南向きの物件でも光があまり入ってこないということがよくあります。


出窓


ベランダ

また、季節によっても日の入り方は違います。夏は日が長く、冬は短いです。冬の方が西日がまぶしく、夏の方が西日が長く入りやすいので部屋も厚くなりがちです。 他にも周りの建物により、せっかくの南向き物件が隣の家のせいで恩恵にあやかれないということも多いです。たとえ物件を決めた時に周りに建物が無くても、急に高いビルが立って光をさえぎられることもあります。こういった周りの建物の建築計画なども確認できればベストです。 これらは間取図だけでなく、物件を実際見て確認しておきましょう(季節はどうしようもありませんが)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク