見慣れない間取りの英語2文字~PS・MBなど~

By: Nicolas Vigier
By: Nicolas Vigier

わかりにくい英語2文字の略語

間取り図を見ていると、見慣れない英語表記のものがたくさん出てくる場合があります。 特に英語2文字のもので分かりにくいもの(頻繁にでてくるわけではないもの)もありますが、不動産屋で確認したら教えてくれるものの、インターネットで物件を確認している場合は教えてくれる人がいないので、主な内容を列挙します。

  • PS・・・パイプスペース・パイプシャフト。給水・排水・ガス管などの配管スペースです。
  • MB・・・メーターボックス。電気・水道・ガスなどのメーターが置かれています。
  • UB・・・ユニットバス。
  • RF・・・ロフト。
  • SB・・・シューズボックス。靴置き場ですね。
  • CL・・・クローゼット。
  • AC・・・エアコン。
  • WC・・・トイレ。
  • SK・・・スロップシンク。雑巾や靴などを洗う場所で、バルコニーに多い

上記の中でチェックすべきものとは?

ここで、あったら確認しておきたいのがUB(ユニットバス)、SB(シューズボックス)、RF(ロフト)の3点です。 逆にPSやMBなどはあまり考慮しなくても問題ありません。 RF(ロフト)についてはこちらの記事(ロフトの意味と有効活用術)を参考に確認してほしいのですが、UB(ユニットバス)はお風呂の問題なので生活するうえでは重要になってきます。 「ユニットバス」といっても、2点式ユニットバス・3点式ユニットバスの違いによりバス・トイレが別だったり一緒だったりします。「ユニットバス=バスとトイレが一緒」というわけではないので注意が必要でしょう。

最後に、SB(シューズボックス)はあればその大きさ等を確認した方が良いですし、逆に無い場合は靴をどのように収納するかを確認しておいた方がよいでしょう。場合によってはシューズボックスを別に買わなくてはならない場合もでてくるからです。 靴を多く持っている人にとってはこの靴置き場の収納をどうするかは家選びのポイントとなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク