バルコニーとベランダとテラス

「部屋の外」の位置づけとして間取りに含まれる場合があるのが、ベランダ・バルコニー・ルーフバルコニー・テラスなどです。

特に、ベランダやバルコニーは間取りを見ていると良く確認できるものなのですが、これらは一体何がどう違うのでしょうか。

バルコニーとベランダの違い

バルコニーもベランダも部屋から外に張り出した部分で、縁や柵で囲まれている部分を指します。

これに屋根がかかっていればベランダ。

屋根がかかっていなければバルコニー。

と考えておいて大本問題はありません。

当然屋根があるベランダの方が洗濯物を干す際は重宝しますし、バルコニーの方が陽が入ってくる時間が長くなります。

テラスとルーフバルコニー

ごくまれにテラスやバルコニーといった大きな部屋の外部を持つ物件があります。

テラスとは、バルコニーの大きなものと考えてもらえばよく、良く下の階で屋根・天井になっている部分が上の階の庭として広いバルコニーとして表現されることが多いです。

また、テラスは建物外部へ張り出した部分が1階で造られる場所のことを言います。庭というと地面を想像しますが、地面よりは高い位置に造られる場所になるため「庭」というよりは1階のバルコニー、よりも広めであれば「テラス」という言い方をするのが一般的です。

表現に規則はないため、物件を実際見てから判断する

これらベランダ・バルコニー・ルーフバルコニー・テラスといった表現には規則があるわけではありません。

ベランダなのに屋根がちょっとしかない場合もあったり、ルーフバルコニーに屋根が一部ついていたりするものもあります。

ですので、実際の物件を見て判断した方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク