洗濯機置き場の注意点

By: allegro Takahi
By: allegro Takahi

間取りでは水周りの近くに「洗」とか「W」などと表示されている洗濯機置き場。 洗濯機も冷蔵庫置き場と同じように、ちょっとだけ気をつけなくてはならないポイントがあります。

洗濯機を室内に置くか室外に置くか

基本、洗濯機は室内専用で利用するものなのですが、洗濯機は水に強いということもあり、築年数が長い物件の中には洗濯機置き場が外にある物件もあります。 昔良く使われた「二層式洗濯機」のように、選択部分と脱水部分が分かれている洗濯機は外においても壊れにくいのですが、今メインで販売されている全自動洗濯機(縦型・ドラム式どちらも)は風雨にさらされると壊れやすいと思いますので、なるべく室内に洗濯機置き場がある物件を選ぶ方がよいでしょう。

ちなみに、家の近くにコインランドリーがあれば洗濯機を買わないという選択肢もあるのですが、コインランドリーに洗濯ものを入れっぱなしで外にでるのが抵抗があったり、結局脱水後は乾燥機に入れ替える必要があるため頻繁に訪問しなくてはならないなど手間がかかりますので、時間が取れない人でないとおすすめはできません

防水パンの大きさ・形はそれぞれ違う

洗濯機は水をうまく排水できないと床が水浸しになります。それを防ぐために、賃貸物件には洗濯機置き場にはたいてい 「防水パン」という、洗濯機の排水ホースと排水口をつなぐための特別な床が置かれています。

防水パンは標準的なサイズがある程度決まっており、その防水パンの上に洗濯機を置くことになるから、防水パンのサイズによっては洗濯機が置けないということもあります。 特に、一人暮らし用の防水パンはせまく、縦型の全自動洗濯機は置けても、ドラム式洗濯機は大きすぎて置けないということもありますので注意が必要です。

置き場の両脇の壁・上部に注意

防水パンのサイズだけでなく、洗濯機置き場の壁または上部に棚が置いてあるなどの理由で、洗濯機が置けない場合があるので注意が必要です。 また、ドラム式の場合は洗濯機の扉が右開き・左開きの違いにより洗濯物の出し入れが非常に大変になる場合もあります。

洗濯機置き場が壁に囲まれていて、搬入時に上部の棚などが引っ掛かるかもしれない恐れがある場合は、洗濯機のサイズや扉の開く向きなどに注意しておきましょう。今使っている洗濯機が引越し先で使えなくなる、なんてことが起こりかねませんので。

似たような記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク