1DKと1LDKの違い

1dk1ldk

「L」とか「D」とか「K」とか

  • 「L」・・・リビング(居間)
  • 「D」・・・ダイニング(食堂)
  • 「K」・・・キッチン(台所)

ということになっているので、「1DK」1つの居室とダイニグ&キッチン(食堂&台所)で構成されていて、「1LDK」1つの居室とリビングダイニング&キッチン(居間兼食堂&台所)で構成されている、ということになります。

1DK 1LDK
1dk 1ldk

問題はダイニングとリビングダイニングで何が違うかというと、大きさだと考えて下さい。 8畳未満はDK8畳以上はLDKという感じで捉えてもらえれば大丈夫です。ちなみに、台所が4~4.5畳未満のものは「ダイニングキッチン」とは呼ばれません。なので「1K」は4~4.5畳未満の台所となり、「1DK」は4~4.5畳以上、8畳未満の台所だということです。

間取り図・見た目だけではDK・LDKの広さの違いは分からない

間取り図を見てみるとダイニングが10畳ある1DKもあり、LDKとの区別というのはあまり明確に規定はされていません。なので、実際の部屋の広さは表記だけを確かめるのではなく、実際その部屋の広さを見て決めた方がよいといえるでしょう。

また、通常、部屋に物がたくさん置いてあると部屋は狭く見えますし、部屋の形によってもその印象は変わりますので注意が必要です。

部屋の違いで同様に比較した記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク