2Kと1LDKの違い

2k

一見すると全然違うような感じがする「2K」「1LDK」ですが、実は用途を考えると共通することが多くあります。

例えば1LDKを検討している人は2Kを選択肢に入れても良い、ということが言えるのです。それはなぜでしょうか?

「部屋」が2つある2Kと1LDK

2Kは一般的に、6畳以上の居室が2つと、扉で仕切られた狭いキッチンが1つある部屋のことを言います。

また1LDKは、6畳以上の居室が1つと、その居室とは仕切られた広いダイニングキッチンが1つある部屋のことを言います。

居室の1つを寝室に充てることを前提とすると、寝室を除くエリアは1R(ワンルーム)と1kの違いとほぼ一緒とみなすことができるのです。

1R(ワンルーム)と1kの違いについては別の記事「1R(ワンルーム)と1Kの違い」で詳しく解説していますのでそちらを参考にして頂き、2Kと1LDKを検討してみてください。

2K・1LDKの特徴

2Kには部屋の形として二種類あります。 それは、キッチンから両方の居室に行ける部屋の形(V字型)と、片方の居室を通過しないともう片方の居室に行けない形の部屋(直線型)です。

V字型 直線型
2kv 2ki

2つある居室の役割分担をどうするかによりこの部屋の形は非常に大きな影響を与えます。

例えば2人で2Kの物件に住む場合、2つの居室を各人の部屋に割り当てるとすれば、絶対にV字型の部屋を選んで下さい。

直線型の部屋を選んでしまうと、奥の部屋の人は手前の部屋を必ず通過しなくてはならず、プライベートはあったもんじゃありません

逆に、1LDKで2人で住むのなら、もうそれは夫婦のような共同生活しかできないと思いますので、シェアハウスなどを考えているのであれば2Kがおすすめです。

しかし、2Kの物件は築年数が古いものが多いので、あまりオシャレさは無いかもしれませんし、和室であることを妥協したりしなくてはならないかもしれません。

自分が住む状況に応じていろいろ選択肢は有ります。自分にあった間取りを選んでみましょう。

似たような記事はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク