家を選ぶ基本条件【家賃編】

まずは物件を選ぶ基本的な情報として「家賃」が挙げられます。

賃貸の場合、契約時に決められた一定の金額を毎月支払う必要があるため、その金額が多いと毎月の生活費を圧迫しかねません。

当然良い物件は高いし、安くなると悪くなるのですから、家賃の予算はどのように定めたらよいかを解説します。

家賃の基準は月収の手取りから考える

まずはサラリーマンなどの給料が毎月ある程度一定となっている場合は計算がしやすいです。毎月「手取りでいくらもらえるのか」を事前に把握しておき、その中で賃貸に払える割合がどの程度なのかを考える必要があります。

一人暮らし等が初めてでない場合は、家計簿など付けなくても大体は毎月どの程度の出費があるかを把握していると思いますので、その分を差し引いて「どれだけ家賃に費やすことができるのか」を把握することは可能なのですが、実際そういう計算の仕方ができる人は稀だと思います。

たぶん、大体の人が月に最も高額な支出をするのは家賃になると思われますので、一番最初に家賃をいくらにするかは最初に決めなくてはいけないことなのです。

家賃の目安は月収の3分の1と言われているが・・・

それではこれから初めて一人暮らしを行うといった場合、家賃はどの程度の予算を目安にすればよいのでしょうか。

一般的に言われているのは、「家賃は手取り月収の3分の1まで」ということです。

(例)手取りが毎月18万円の場合、家賃の予算は6万円

しかしながら、このご時世手取りが安定するとも限らないので、この予算よりも気持ち少なめの方が今後のことを考えると良いかもしれません。

また、特に貯金をたくさんしたいと考えている人は、「この家賃をどれだけ安くできるか」にかかっていると言っても過言ではないと思いますので、その予算設定は厳しく設定したほうが良いと思います。

ちなみに、これがファミリー暮らしとなってくると別です。

子供が何人いるかによって部屋数に大きく影響がでるでしょうし、夫婦で働くかまたは共働きするかにより収入の大きさも変わるため、家賃の予算に対する影響は大きくでます。

ただ、どちらのパターンにせよ、「家賃は大きく変動しない(高くも安くもならない)」のが普通なので、そこをしっかりと念頭に置く必要はあるでしょう。

共益費・管理費他、毎月かかる費用を忘れずに

この家賃をの予算を考える上で忘れてはならないのは「家賃以外に毎月出ていく家賃に関連する支出」です。

その代表的なのは共益費・管理費なのですが、基本的に契約の際に一番説明し確認する部分なのでそこは忘れないでしょう。

忘れやすいのは、賃貸の契約とは別に発生するもので、例えば以下のものが挙げられます。

  • 町内会費・自治会費
  • 駐車場・駐輪場代(特に、家とは別に借りる場合)
  • (賃貸では基本的に発生しないが)マンションの修繕積立金

必ずしも月払いであったりするものではないのですが、こういった家賃とは別の支出が無いかを契約時には確認しておいた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク