心理的瑕疵物件

心理的瑕疵物件とは?

心理的瑕疵物件(しんりてきかしぶっけん)とは、「心象的になんかワケアリな物件」のことです。

心象的というか精神的。

例えばこんなものは「心理的瑕疵物件」に該当し、不動産屋は該当する部屋に入居する人に事前に説明する義務が生じるのです。

  • 殺人事件、自殺、無理心中、孤独死などがあった
  • 暴力団事務所、カルト集団などが利用していた

心理的瑕疵物件の告知義務とその説明が回避される場合

上でも述べたとおり、心理的瑕疵物件は入居する際に不動産屋から告知しなければいけない義務があります。

これは民法と宅地建物取引業法で決められていて、例えば自殺や殺傷事件があった場合はその説明期間は10年間と言われています(明確に決められていないため地域等により異なります)。

このため、大家にとってみればこのような事件が起こった物件は入居者を募集しにくくなり、家賃収入が途絶えてしまうため、家賃を「ワケアリ物件」として安く募集するのが通常なのです。

しかし、たまにその説明義務をうまく回避してやろうと胡麻化そうとする大家・不動産屋もいるので注意が必要です。

それは「一巡すれば告知義務は無くなる」ということ。

つまり、事件があった部屋に一度誰かが住んで出て行った場合は、その後の入居者には告知しなくてよいという解釈があるので、それを逆手にとって「名前だけ借りて、半年程度誰かが住んだことにする」ということをやりかねないということです。

もちろんこういうことは違法なのですが、こういうことがあるということを知っておいた方がよいでしょう。

また、入居後に心理的瑕疵物件だったということが近所等の噂などで後で分かったら、仲介した不動産屋に連絡し、真実を確認してから改善を求めるようにしましょう。それで態度が悪ければ消費者生活センターに相談すればよいのです。

心理的瑕疵物件を避けるには

過去に心理的瑕疵物件だったかどうかは、不動産屋や大家に聞いた方が良いです。家賃が明らかに安くなっている場合、心理的瑕疵物件の可能性は高いと思われるからです。

また、霊感が強いといった心理的瑕疵物件に敏感な方は、たとえ選んだ物件が新築物件だったとしても、新築以前の土地・建物でこのようなどうだったかを不動産屋や大家に聞いたほうが安全でしょう。

これは、集団自殺があった物件を一度取り壊し、新築物件をこしらえた後でも霊的な現象が起こるようになり、お払いしてもらったという話を来たことがあるからです。

ちなみに、霊感に疎い方は、逆に家賃が安くなっているから狙い目という考え方もありますので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク