一般媒介・専任媒介って何だ?

前の記事に引き続き、「媒介」について詳細に見ていきましょう。

媒介(仲介)にも種類がある

「媒介」の中でも、次の2つに大きく分かれます。

  • 一般媒介・・・元付け業者から紹介されており、他の不動産屋へも幅広く出回っている物件
  • 専任媒介・・・大家さんから依頼された元付け業者のみが紹介している物件

専任媒介のメリット・デメリット

専任媒介の物件は元付け業者のみの紹介になるため、他の不動産屋が紹介できないことから、人の目に触れられにくいということであり、借主から見てもなかなか見つからない物件です。

どうしてこういう紹介をするかというと、大家が変な客を入居させたくないために信頼できる不動産屋からのみの紹介を受けたい場合であったり、家賃を相場より安くしているから大きく紹介してもらわなくても入居してくれると考えているからです。

できれば専任媒介の物件を狙うべし

専任媒介の物件はお得な物件が多いと思います。

また、大家と不動産屋との関係が近いことから、「○○してほしい」といった注文が一般媒介と比較して通りやすく、家賃や初期費用の交渉がしやすいというのも特徴です。

しかし、こういう物件は早く埋まってしまいますから、目に着いたら早めに借りる・借りないの判断をした方がよいでしょう。

また、専任媒介の物件は、駅前の不動産屋よりも地元密着型の不動産屋に良く見かけるので、そちらの不動産屋を訪問してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク