取引態様~貸主・代理・媒介~

インターネットでの物件の検索時や不動産屋で掲載しているチラシを見てみると、かならずどこかに「代理」「仲介」「媒介」などといった言葉を目にするでしょう。

これがいったい何ことなのかをご説明します。

「貸主・代理・媒介(仲介)」は不動産屋の立場を説明しているもの

不動産を賃貸するとなったとき、不動産を所有し貸す側の大家さんと借りる側のお客さんの関係が存在します。

しかし、大家さんが自分の家の部屋を貸したいのに営業できる力も無いことから、不動産屋に任せて物件を紹介してもらう代わりに不動産仲介料といった手数料を渡すというビジネスが存在するのです。

この不動産がを立場をどのような立ち位置でお客さんに物件を賃貸する契約を結ぼうとしているのかを表すのが「貸主・代理・媒介(仲介)」です。

貸主

物件の所有者が直接部屋を貸す、という場合です。

この時不動産屋が「貸主」と紹介しているのであれば、不動産屋自身が物件を所有しているか、大家から一旦部屋を借り上げ、それをまた貸ししているサブリース物件というもにになります。

代理

貸主の「代理」として、大家さん等に代わって賃貸する場合です。

この場合、不動産屋が大家さんから代理されることで、貸主のパターンと同じような立場になります。

媒介(仲介)

最も良く見る立場で、大家さんとお客さんの間に入って物件をあっせんする場合を言います。

仲介手数料を得ることにより、不動産屋は収入を得られます。

元付け業者・客付け業者

この不動産屋の取引を見ていく上で覚えておきたいのが「元付け」「客付け」という仕組みです。

よく不動産屋をめぐっていくと「あれ、この物件さっきのところでも見たな」という場面に遭遇します。これは間違いではなく、複数の不動産屋で同じ物件が紹介されているのです。

大家さんから「物件を紹介してほしい」と直接依頼された不動産屋を「元付け」と呼びます。

ただし、その不動産屋だけだと狭い範囲でしか物件を紹介できないことから、その不動産を他の不動産屋にも紹介してもらい、多くの販売機会をえることができます。この紹介を受けた不動産屋を「客付け」といいます。

この場合、客付けの不動産屋が借り手を見つければ、不動産仲介料は客付けの不動産屋に入り、元付けの不動産屋の仲介手数料は減るという仕組みになっています。

「媒介」には、貸主の依頼のされ方により種類がいくつかある

通常の物件はこうした元付け・客付けの関係で物件が幅広く出回り、「媒介」または「一般媒介」と紹介されるのですが、中には客付けの不動産屋には流さず、元付けだけで物件を紹介するパターンがあります。

これが媒介の中でも「専任媒介」というものです。

「一般媒介」と「専任媒介」はどう違うのかは次の記事でご説明します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク