家の場所の選び方~最寄駅編~

家の場所の選び方~沿線編~」で沿線を絞ったら、今度は最寄駅を決定します。

よく行く場所から近い方がいいか遠くてもよいか

良く行く場所から当然近い方が良いに決まっているのですが、家賃との兼ね合いになってきます。

想定している家賃の予算と、沿線の各駅の平均相場を比較して、どのあたりまでなら目的地に近づけるかを明確にします。

家賃相場を調べるには、不動産屋で聞くか、家賃相場が掲載されているサイト(例えばこんなのとか)を参考にしましょう。

最寄駅は都会型か田舎型かを決めておこう

家を選ぶ基本条件【場所編】」で詳しく書いていますが、駅には都会型のようなお店が集まり人が集まるタイプの場所と、田舎型のような住宅が集まりあまり人が集まらないタイプの場所との2種類に分かれます。

自分の性格と考えてどちらのタイプが向いているのか、家賃相場と予算と照らし合わせて希望を決めておいた方がよいでしょう。

その駅がどちらのタイプなのかは地図サイト(google map等)で事前にリサーチすることができます。

駅前のお店を事前にチェックしておくのが吉

単純に都会型・田舎型という選別が終わったら、具体的に絞り込んだ候補の駅の周りのお店をチェックしておきましょう。

実際にその駅が最寄りとなる家に住むということを考えた時に、自分の必要なお店があるかどうかのチェックを地図サイト等で行います。

  • 近くに一人で飲食できる場所はあるか(チェーン店など)
  • 100円均一のショップがあるか
  • コンビニ、スーパーはあるか
  • クリーニング屋はあるか
  • 病院は近くにあるか など

また、同じ最寄り駅でも住む物件の線路を挟んだ反対側というのはなかなかいかない場所です。

同じ最寄駅でも北側は栄えてて、南側は全く栄えてないという場合もあります。田舎型の駅に住みたいけど便利な方がいいなあと思う人は、このような都会の駅の栄えていない場所に住むというのも一つの選択肢だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク