家の場所の選び方~沿線編~

不動産屋に行ってまず聞かれるのは、「どのへんに、どのくらいの予算でお部屋をお考えですか?」という点です。

場所によって物件やその家賃相場が全然違うので当然なのですが、そこを明確にすることで自分が住めそうな家がどんなものかが見えてきます。

家を選ぶ基本条件【場所編】」でも少し書きましたが、電車通勤を主に考えている場合は、電車の沿線をどこにするかをまずは絞ることが第一歩となります。

仕事・学校とプライベートとで良く行く場所をまずは明確にする

引越し後の生活を想像し、仕事や学校、プライベートで良く行きそうな場所をまずは洗い出します。

例えば、東京で言うと、「職場が新宿で、良く表参道とか青山に遊びに行く」というのであれば、やっぱり小田急小田原線が候補に入ってくるでしょうし、「学校が高田馬場で、池袋で良く遊ぶ」なら、都営メトロ東西線か有楽町線を選ぶというような感じになると思います。

首都圏の電車の路線図は複雑ですが、それ以外ではそこまで複雑ではないため、沿線を絞りやすいでしょう。いくつか候補を選んで置いて下さい。

乗り替えは少ない方がいいが、楽に乗り替えができる場合も

行き先が沿線一本で行ければ問題ないのですが、必ずしもそうではない場合、どのように沿線を決めればよいのでしょうか。

当然、電車の乗車する時間(=目的地までの距離)や乗り替えの少なさをポイントとして挙げられますが、距離を考えると家賃相場に影響します。

都心部から離れれば離れるほど家賃は安く済むのですが、近くなると高くなってしまいますので、駅まではこの時点では決定できません。

また、電車の乗り換えも場所によっては非常に時間がかかったり、全然時間がかからなかったりします。

例えば東京駅のJR京葉線乗り場は、他の乗り場から離れていて、動く歩道が何個も設置されているくらい時間がかかりますし、その一方で表参道駅の東京メトロ半蔵門線・銀座線の乗り換えはホームを挟んで反対側にすぐ乗り場があるので乗り替えは非常に楽です。

このような乗り替えの時間は、鉄道のサイト等を見て事前に調べようと思えば調べられますので、確認しておいても良いかもしれません。

行く時間帯によって電車の混み具合が違うので要注意

電車の最大の問題はその混み具合です。

上り下り、通勤ラッシュ、帰宅ラッシュ、などなど電車を利用するタイミングで混み具合が全く違います。

都心部に向かう電車の朝夕の混み具合は日中帯とは比較にならないので、特に初めて上京して都心の電車に乗るという人はどんなものかを事前に把握しておいた方がよいでしょう。

満員電車が嫌で田舎に戻る人もたくさんいるくらいなのでね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク