家賃の横に書いてある「共益費・管理費」

家賃の値段の横に小さく記載されている「共益費○円」「管理費○円」というもの。

月額なので家賃と含めて考えましょうという話は別でしていますが、この共益費・管理費について説明します。

共益費または管理費とは何か?

共益費や管理費というのは、マンションやアパートの各部屋以外の共通部分にかかる費用を各部屋で負担して下さい、という考え方です。

共通部分の具体的なものとしては、エントランス、エレベーター、階段、部屋までの通路、専用のごみ捨て場、清掃、共用部分の電灯交換、管理人常駐などが挙げられます。

共益費・管理費はどうして家賃と区別されているのか

共益費や管理費として徴収せず、家賃に含めている場合も物件ではあります。

この区別を何故するのかというと、大家が物件を安く見せたいためという場合があります。

具体的には、「家賃70,000円」よりも、「家賃69,000円、共益費1,000円」とした方がチラシなどに掲載した時に安く見せることができるからです。

その分敷金・礼金が安くなることになりますが、家賃として毎月支払う金額は変わらないので大家としても問題はないということになります。

共益費・管理費が高い物件とその理由

マンションはアパートと比較して共益費・管理費が高いという傾向があります。

もちろん、アパートよりも共用部分が多く、管理も比較的しっかりやられている場合が多いので納得感はあるのですが、先ほど挙げたように「家賃80,000円」と思って決めようと思ったマンションが、「管理費12,000円」で実際は合計家賃が92,000円かかって高いなあ、と思うことも検討段階ではよくあることなので注意が必要です。

この辺は大家の価格設定次第なので、家賃と共益費・管理費を合わせた全部込みの金額で物件選びの家賃は考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク