賃貸の入居審査は誰がどうやるの?

yes-1015483_960_720

なぜ「入居審査」が必要なのか

賃貸という仕組みは、大家さんの家の部屋を入居者に貸す代わりに家賃を毎月もらう契約になっています。このため、家に住んでいるにもかかわらず家賃を払わないという人は契約違反をしていることとなり、このような人には住んでほしくないというのが大家の心情です。

このため、入居者が家賃を「払わない」というよりは「払えなくなる」ということが無いように、入居者が賃貸物件を借りる場合は「入居審査」というものが行われるのです。

入居審査のポイント

入居審査は以下の順番で行われます。

  • 申し込み先の不動産屋(客付け業者)
  • 大家さんが直接依頼している不動産屋(元付け業者)
  • 大家さん

しかし、細かな内容は不動産屋で実施していることが多く、その結果をみて大家さんが最終決定するという場合がほとんどです。大家が法人だった場合、明確な審査基準があるので比較的厳しい審査となりますが、逆に個人の大家さんは融通が効く場合が多いです。

審査の内容は、主に滞納などのお金の問題が発生しないかを一番中心に見られます。ですので、入居する人の年収勤務先を聞かれる場合が多いです。安定した会社から安定して給料が毎月払われ、かつ年収に見合った家賃であることがもっとも大家さんからは好まれる入居者になります。逆に、年収が300万円の人に家賃20万の物件を申し込まれた場合、家賃が払えなくなるのは目に見えてわかるので、このような場合は審査の段階で落とされるでしょう。

年収だけでなく、学生か社会人かという点や、連帯保証人の有無、年齢などさまざま点を確認されます。いずれも「家賃が支払われるか」という点がメインで確認され、あとは「周辺とトラブルを起こさないかどうか」という観点でも確認されるでしょう。

入居審査を通過させるには

まず、入居審査を通過したいからと言って、嘘の内容を申告してはいけません。勤務先を架空のもので申告したり、親に無断で連帯保証人の名前を利用したりすることが発覚すると、それだけで「信用できない人」という烙印を押され、入居審査後でもはねられてしまう場合があります。

ちなみに、連帯保証人を立てずに保証会社を使う場合や家賃支払いをクレジットカードで行う場合、それぞれの会社が家賃をいったん立て替えることになりますから独自の審査も発生します。過去に支払い遅延や不払いが無かったか(クレジットカードや携帯電話・スマートフォンの分割支払い)をより詳細に調査されますので、影響されたくない場合は連帯保証人を立てた方がよいでしょう。 たとえ入居審査に落ちても、物件はたくさんあるという気持ちで切り替えて次の物件を探す、という心構えでいることが一番大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク