支払い能力がある人間だと思わせる

「家賃を滞納しそうな人」には貸したくない

大家さんが最も嫌がるのは「部屋が空き室になる」ことの次に、「家賃が払われない」ということです。なので、家賃を滞納しそうな人には当然物件を貸したくありません。

この「家賃を滞納しそうな人」というのはどういう人か、知っておく必要があります。単に月末までに払わなくてはいけないのを忘れて払わなかったとかそういうレベルの話ではなく(もちろん支払いの延滞は非常に嫌われるのですが)、「支払い能力があるかどうか」を問われます。

例えば年収です。サラリーマンの場合、年収から借りれる家賃の上限は決まりますから、その上限を上回るような家賃の物件には当然住んでほしくないですよね。年収300万円の人は月100万円するタワーマンションの最上階なんて物件はまず支払えないでしょうから。

勤務先や仕事内容などを聞かれるのは「入居審査」に影響するから

このような年収という情報以外にも、勤務先の名称や仕事の内容なども「支払い能力」を審査するうえで重要な項目です。名前を聞いたことがある会社は安心感が違いますし、今では会社の名前をインターネットなどで検索するとどのような会社か、経営情報までがわかる時代です。

このような情報を事前に調査して、本当に家賃を支払ってくれるのか、延滞または滞納する危険は無いかを判断します。このへんの審査を「入居審査」という形で不動産屋や大家さんが実施するのです。

支払い能力が怪しくても入居審査に影響させない方法

とはいえ、無職や自営業などの仕事だから物件が借りられないというわけではありません。条件を絞れば絞るほど空き家リスクは増えるので大家も人気物件以外はそれほど条件は厳しくしないはずです。

ですので、なおさら人柄や行動がきちんとできているかでイメージが全然違います。不動産屋を訪問した際の第一印象や雰囲気だけでなく、提出しなくてはならない書類をきれいに書いて出すということや、連帯保証人をしっかり立てるなどの対策が必要です。

ちなみに、支払い能力の無い学生が賃貸を借りれるのも、支払い能力のある親が連帯保証人になっているためということを忘れてはなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク