連帯保証人の代わりになる家賃保証会社とは何か?

家賃保証会社の仕組み

家賃保証会社は、一定のお金を支払うことで連帯保証人の代わりを担ってくれる会社です。万が一、賃貸物件の入居者が家賃の支払いを怠ったとき、保証会社が代わりに一時的に家賃の支払いを立て替えてくれます。あくまで立て替えてくれるだけで支払い義務がなくなったわけではなく、立て替えた分を入居者は保証会社に支払わなくてはなりません。場合によってはこの支払の取り立てが大家や不動産屋などよりも厳しい場合があるので注意が必要です。

物件によっては連帯保証人を置いてもらうのではなく、必ず保証会社を利用しなさいという場合もあります。連帯保証人を立てても支払いを取り立てるのは大家にとっては手間なので、それならば保証会社からその苦労をせずに家賃を得たいというニーズがあるからです。このような物件は、連帯保証人を頼める場合でも保証会社の利用を拒否することはできないと考えた方がよいでしょう。

保証会社の利用料

保証会社の利用料はおおよそ家賃1ヶ月分の30%~100%を更新のタイミングで支払うというのが目安です(以前よりも最近は値上がりしているようです)。家賃が8万円ならば、2年間の契約期間で2.4万円~8万円くらいの幅があります。

正直言って保証会社はこちらで選択することはちょっと難しく、大家の指定となる場合が多いのですが、結構利用料の幅は大きいと思うので、1カ月分とるような保証会社は一度交渉の余地があるかもしれないと個人的には思います。

保証会社を使うにも審査がある

なお、賃貸契約とは別に、保証会社自身が入居者の審査を行います。家賃の立て替えを行う立場である以上、通常の賃貸契約での審査とは別に保証会社の審査があります。その審査は通常保証会社独自のルールで厳しく審査されます。

具体的には、年収や収入が安定しているかどうかという意味での勤め先会社の確認、過去にクレジットカードの延滞が無いかどうかをチェックされます。ここで審査NGとなってしまうと大抵はその物件の入居を断られてしまいますので注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク