連帯保証人を建てられない人の賃貸物件探し

連帯保証人をお願いするのはちょっと・・・という場合

『連帯保証人を建てられない人の賃貸物件探し』でも書いたとおり、連帯保証人は家賃支払いに関して非常に重い責任を負うことになりますので、簡単にお願いできるようなものではないと思います。

家庭の事情などから、親や親せきなどにこういった連帯保証人のお願いができないという場合も多くあると思いますが、このような場合にどうしたらよいでしょうか。

連帯保証人が不要な物件もある

選んだ物件が「連帯保証人の設定が必要」というのであれば連帯保証人を建てる必要があります。連帯保証人を立てなくても良いかという交渉の余地はありますが、審査をした結果、よっぽど安定収入があって資産もあるというような場合でもない限り難しいのかもしれません。

そうでなければ、最初から連帯保証人を立てないでよい物件を探すというのが最もよい方法です。今の時代は物件が余っているので、大家としてはなるべく空き部屋を回避したいと考えるもので、その障壁となるものは取外したいと考えます。連帯保証人を立てられない人が多くなっている今の世の中でなるべく入居させたいと考えるなら、家賃滞納のリスクは大家が多少背負ってでも連帯保証人は不要とする場合も多いです。

この場合、入居の際の審査は当然厳しくなることは認識しておいた方がよいでしょう。

なお、大家が法人系の物件にこのような連帯保証人不要の物件が経験上多かった気がします。

家賃保証会社を利用すると追加でお金がかかる

連帯保証人が不要という代わりに、『家賃保証会社』を利用しなくてはならない場合があります。別の記事でも書いたとおり、保証会社にいくらかのお金を支払う代わりに家賃滞納時には保証会社が支払いを立て替えてくれて、保証会社から請求がいくというものです。

物件によっては連帯保証人を立てられる場合でも保証会社を利用しなくてはならない場合もあります(これも経験上大家が法人系の場合が多い)。

連帯保証人は不要だけど、入居者が保証会社にお金を払うことによって大家は家賃滞納のリスクを軽減できるというものなので、この保証会社を設定している場合の物件は追加費用に注意が必要となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク