退去時は部屋の中全体を写真で撮影しておこう

立会が無い場合は引越し後の調査結果により費用請求される

通常、退去の際に大家さんが立ち会って修繕すべき箇所の認識合わせを行い、お互い同意を取った上で退去費用の見積もり提示→敷金から差し引かれて返還という流れになりますが、お互いの都合上日が合わず、退去日に立会ができないという場合があります。

この場合、元の入居者が引越し後に物件の仲を大家が確認し、その調査結果を連絡して退去費用を通知してくることになりますが、こういう場合にトラブルが多くなりがちです。具体的には、想定していなかった汚れや傷の修繕費用を請求されたり、壊してもいないのに「○○が壊れていた」などの言いがかりをされる場合があります。

自分がつけた傷は正直に大家に申告しよう

このようなトラブルに対してはとにかく大家側がコントロールしやすく、入居者が後で「そんな傷つけていない」と言ってもなかなかそれを立証するのは難しいです。ですので、トラブルに巻き込まれたくなければ退去日を調整してでも立会いを必ず行うようにしましょう。

そして、その立会いの際は自分で壊したものや傷を付けたものについては自分で負担しなくてはならないのはしょうがないので、正直に申告して「自分は誠実である」ことをまずはアピールしておくことが大事です。自分もごまかすようなことをしてしまうと、大家も同じようなことをしてきがちだからです。

立会が無い場合は必ず退去時の部屋の写真を撮っておく

自分の身に覚えのない傷や破損の言いがかりを防ぐためにも、引越しの際に荷物の積み込みが完了したら、部屋の中のあらゆる箇所の写真をスマートフォンなどで撮影しておくのがよいでしょう。あとあと具体的に「あの場所に傷があった」という大家からの指摘に対し、退去した日はそうではなかったという証拠を突き付けることができるからです。

また、退去日だけでなく、最初にその物件に入居した際または内見した際の写真も用意しておけば、「自分がつけたわけでもないのにある傷」が、実は入居当初からあった傷だということが確認できるのでとても良いトラブル対策になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク