退去時に大家・不動産屋に返却するもの

借りていた鍵は複製分含めすべて返却する

まず、退去の立会時に大家さんまたは不動産屋に返却しなければならないのは部屋のカギです。部屋の鍵は入居の契約の際に1つまたは2つ程度の鍵を大家または不動産屋から渡されると思いますが、これらをすべて返却してください。万が一スペアを紛失した場合はその旨申し出て下さい。

通常、部屋の退去後に大家はその部屋の鍵を昔他の部屋で使った鍵を使いまわすか、新たに鍵をつくり直すことになります。退去時に預かった鍵をそのまま他の人に渡すわけではありませんが、セキュリティ上問題にならないよう、たとえ入居者が入居中に作ったスペアキーも返却の対象となります。自分のお金で複製したから大家には返却しないというわけにはいかないので注意しましょう。

最初に書類として預かっているものが無かったか?

鍵以外に、もともと部屋の入居の際に最初から置いてあるものは消耗品以外は返却が必要です。

管理人が経験した物件では、新築の部屋で設置されている設備(キッチンや換気扇、電気温水器やエアコン等)の説明書がすべてファイリングされた状態で置いてありましたので、こういったものは基本返却対象となります。このようなファイルは頭紙として「退去時は返却してください」という旨が書かれているものですが、かかれていなくても返却できるよう、勝手に捨ててはいけません。

契約書は返さなきゃいけないの?

最後に勘違いしている方が多いようですので書きますが、入居時に契約した「賃貸借契約書」を退去時には大家さんまたは不動産屋に返却しなくてはならないのか?という質問が多いようです。

答えは「No」です。

契約書はあくまで貸主と借主(自分)との契約が書かれているものであり、退去するということは単にその契約を終えただけです。あとあと契約の内容で問題が出てくる(敷金を返却してこない等)場合に備えて、しばらく持っていることが大切です。

あと、次回の物件探しの参考のために、契約書は持っておいて次の物件の契約書と比較をしてみるのも面白いです。契約書の文面は同じようなことが書いてあるのですが内容は結構違っていたりします。忘れている観点はないか等を確認する一つの手段となりえますので、契約書は大切に保管するようにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク