どの賃貸不動産検索サイトを利用すれば効率がよいのか?

19

賃貸不動産検索サイトはどこを使えばよいのか?

賃貸物件をインターネットで探すときに賃貸不動産検索サイトを利用することになりますが、いろいろなサイトがあってどのサイトを利用したらよいか困るということもあるかと思います。 今ちょうど管理人が賃貸不動産を実際に探しはじめていますので、それぞれの不動産検索サイトがどのような物件情報をもっているのか確認してみました。

調査内容

  • 管理人が実際に次の引越し先を探しているので、その条件を各不動産検索サイトに入力してみてどのくらいの物件が出てくるかを確認する。
  • 検索条件はすべて同じものとし、おおまかな検索条件は以下のとおり。
    • 場所:某地方都市の特定の駅の近く
    • 家賃:○万円以下(管理費等込み)
    • 部屋数:1LDK以上
    • 物件種別:マンション
    • こだわり条件:バス・トイレ別、ペット相談可
  • なお、特定の日に上記の検索条件を入力したので時期や地域によって検索サイトごとに差がでてくるものと思います。検索結果の検証はあくまで一例としてご覧ください。

調査中に気づいたこと

この調査を実際に行ってみて、以下のことがわかりました。

  • 単純に件数が多いと思ったら、同じ物件で情報提供もとの不動産会社が違うだけだった、または同じ物件の別の部屋だった
  • 駅から徒歩○分を指定していなかったので、かなり遠くの物件にも範囲に入ってきたりしていた(徒歩50分など)
  • バス停から徒歩○分、バスで○分などの表現もあるので、バスを抜くように条件を統一したかったが、「バスを含めない」という条件を指定できない検索サイトもあった

つまり、単純に物件の件数の情報が多いからよいというわけではなく、物件の種類がどのくらいあるのかは実際サイト内を確認してみないとわからないというものでした。ですが、単純な集計結果をお知らせします。

調査結果

※単純に検索結果の件数を載せていますが、同じ物件だったり同じ物件で別の部屋をカウントしていたりしていなかったりするので、必ずしも物件の登録数に比例するものではありません。

タイプ別 サイト名 物件数
大手賃貸不動産会社 賃貸情報エイブル 3件
ミニミニ(minimini) 9件
アパマンショップ 4件
センチュリー21 0件
ピタットハウス 0件
独自ブランドがある不動産会社 いい部屋ネット 0件
お部屋探しMAST 1件
レオパレス21 0件
ホームメイト  1件
情報提供会社作成ポータルサイト CHINTAI 10件
summo 25件
HOME’S 6件
大手ポータルサイト Yahoo!不動産 23件
スマイティ 11件
マイナビ賃貸 3件
不動産会社御用達のサイト athome 4件

考察

物件の登録件数で多いのが『suumo』『Yahoo!不動産』でした。物件を網羅するという考えならどちらかの検索サイトを利用すれば、市場に出回っている物件のおおよそは把握できると思います。 しかし、これらポータルサイトに掲載されていない物件が不動産会社の提供している検索サイトにはいくつか掲載されていましたのであわせてチェックが必要でしょう。 すなわち、ポータルサイトの物件を網羅的に見て相場などを把握し、掘り出し物がないかを不動産会社の検索サイトで探すというのがベストな利用方法と言えそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク