賃貸での火災保険と損害保険、地震保険の内容

火災保険の種類と保証内容

ここでは具体的に火災保険の内容について見ていきたいと思います。

『火災保険』は、自分または周りの住人のせいで火災や水漏れなどが発生し、「自分の家財」が被害にあった時に自分の家財に対して補償を行うというすべての基本となる保険です。

ここで、被害にあった際にどのくらいの金額が補償できるかというと、保険料と関係してきます。補償額が大きくなると保険料も大きくなるということになるので、1人暮らし用の火災保険はファミリー用と比較して保険料は少なくて済みますが、補償額も少ないというのが一般的です。

1人暮らしだと自分の所有している家財はファミリーと比較して多くないのが通常なので、少ない補償額でも十分ということになるからです。

損害保険(特約)の種類と保証内容

次に火災保険に一般的についている特約を見ていきましょう。

火災保険では「自分の家財」を補償するものですが、これだけでは不十分です。火災や水漏れなどによって「建物に被害を与えた場合」と「他の入居者に被害を与えた場合」と「周りの家に被害を与えた場合」でそれぞれの場合に補償する特約がついているのが一般的にです。具体的には以下のものがあります。

  • 借家人賠償責任保険(特約):自分のせいで火災や水漏れを起こし、建物に被害を与えた場合に大家さんに対して補償を行うもの。大家は自分の家を守るために、入居者にはこの特約が付いている火災保険に絶対に加入してもらうことになります。
  • 個人賠償責任保険(特約):自分のせいで火災や水漏れを起こし、他の入居者に被害を与えた時に他の入居者に対して補償を行うもの。
  • 類焼損害保険(特約):自分のせいで火災を起こし、周りの家に火が移って被害を与えた時に周りの家に対して補償を行うもの。

地震保険は最初からついていない

なお、火災保険には地震保険が付いていない場合が多いです。地震によって生じた火災は火災保険では補てんできないのが一般的です。地震保険は火災保険に比べ割高になるので通常初めから特約として火災保険とセットになっていることはほとんどありません。

ですので、地震による保険をかけたい場合は火災保険の会社に地震保険の特約が付けられるかを確認し、追加で保険料を払う必要があります。地震保険は地震によって自分の家財の被害を補てんするものなので、1人暮らしはともかく、ファミリーで家財が多い場合は加入を検討した方がよいと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク