火災保険に入る必要はあるのか

家賃・敷金礼金・仲介手数料以外に必要な『火災保険料』

最近は物件に入居する際は必ず火災保険に加入することが条件になっています。ここでいう火災保険は、基本となる火災保険に様々な特約がセットされているもので、火災発生時に必要となる補償・損害への対応をひっくるめてできるようになっています。

具体的には、火災が起こった時に自分の家財の被害に補てん、物件への損害を与えてしまったときに大家さんの損害を補てん、他の入居者への損害を補てん、建物の周りの部屋への損害への補てんなどに対応できるような保険です。

火災保険の役割・特徴

この賃貸入居者用の火災保険は様々な保険がセットされているので、純粋に火災にたいする保険以外に水漏れによる事故や盗難にあった場合でもこの火災保険でカバーができるようになっています。

火災保険に加入しない場合、仮に自分の不注意で火災が発生して建物に被害を与えた場合、重大な過失があれば弁償しなくてはならないことと原状回復義務により修繕費用を負担しなくてはなりません。この時に役立つのが火災保険です。また自分の不注意による火災以外にも他の部屋の人が原因で生じた火災で自分が被害をこうむった場合もこの保険が役立ちます。

火災保険は不動産屋から指定されたものでないといけないの?

火災保険は様々な種類があるのですが、大抵は大家さんや不動産屋から指定されたものに加入する形となります。もちろん1人暮らしやファミリー物件それぞれで相場というものがあるのですが、その相場からかけ離れているようであれば大家さんや不動産屋へその旨を伝える必要があります。

火災保険の保険料は自分の家財の損害をまかなう分さえあれば良く、例えば100万円までの損害補償の保険があるのに実際の自分の家財が100万円を超えるようなら、火災があった際に100万円しか戻ってきませんし、逆に50万円しか家財を持っていないならもうちょっと安い保険料の保険を選ぶという選択肢もあります。

余裕があれば複数の保険会社から相見積もりを取るなどして価格比較をしてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク